« EV電池を家庭で再利用しやすくする取組みを始める(№5280) | トップページ | 多様性の国カナダの文化と社会(№5282) »

2020年2月 7日 (金)

ウォルマートのDX最前線(№5281)

日経ビジネス No.2025 (2020年01月20日発売) の目次

■特集 米国発 ウォルマートのDX最前線 アマゾン撃退法(026p)
●米国発 ウォルマートのDX最前線 アマゾン撃退法(026p)
ここ数年「時代遅れ」とみられてきた巨人が帰ってきた。
売上高50兆円超を誇る世界最大の小売業、米ウォルマート。
「アマゾン・エフェクト」が吹き荒れる米国の消費市場にあって、
ウォルマートはデジタル・トランスフォーメーション(DX )に成功。
米アマゾン・ドット・コムに対し、攻勢を強めている。
巨大企業はいかにして変わったのか。最前線を取材した。(026p)

●始まったアマゾンへの逆襲 店舗×デジタルで攻勢 消費の最前線に復帰(028p)
●デジタルシフトの戦略鮮明(034p)
●小売りの巨人はいかにして変わったのか デジタルシフト成功 
 背景に4つの要因(036p)
 ①人材獲得②働き方の変革③アジャイル思考④トライアンドエラー

●日本の小売業は変われるか テクノロジー企業へ 
問われる経営の覚悟(042p)
AIの学会に論文を続々と投稿するなど、先端技術の研究を進めるウォルマート。
世界最大の小売業は今、テクノロジー企業へと変貌を遂げようとしている。
日本企業も経営の根幹を変えるほどの覚悟がなければ、衰退は免れない。
・天井に1000台以上のカメラ
・店舗が「広告媒体」に変身
・「商品を売る」を再構築
・試行開始に1年の日本企業
20200120

|

« EV電池を家庭で再利用しやすくする取組みを始める(№5280) | トップページ | 多様性の国カナダの文化と社会(№5282) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EV電池を家庭で再利用しやすくする取組みを始める(№5280) | トップページ | 多様性の国カナダの文化と社会(№5282) »