« 世界成長率、2.4%に減速、新型コロナでOECD予測(№5306) | トップページ | 第二の矢に撃たれないで(№5308) »

2020年3月 4日 (水)

中道派のジョー・バイデン前副大統領、躍進(№5307)

米大統領選は3日,民主党候補を選ぶ予備選・党員集会が全米14州1地域で一斉に開かれる「スーパーチューズデー」の開票が東部各州から始まりました。▼中道派のジョー・バイデン前副大統領(77)と左派のバーニー・サンダース上院議員(78)が激戦を展開。▼複数の米メディアによると、バイデン氏は南部ノースカロライナなど5州で、サンダ-ス氏は地元の東部バーモントなど2州でそれぞれ勝利を確実にした。▼指名争いでは州ごとに候補の得票率に応じて比例配分で代議員を割り当てるため、大きく優位を保つには「勝ち方」も重要になる。▼サンダ-ス氏は大学無償化や国民皆保険の実現を掲げ、格差拡大に憤る若者らに人気がある。貿易交渉では「米国労働者の権利を強化させる」と主張し、トランプ氏以上の「孤立主義」が目立つ。▼バイデン氏は、オバマ前政権での副大統領の経験と即戦力を売り物にしている。トランプ氏の対抗軸として立つなら、国際協調と同盟国重視の道筋を明確に語って欲しい。

 

|

« 世界成長率、2.4%に減速、新型コロナでOECD予測(№5306) | トップページ | 第二の矢に撃たれないで(№5308) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界成長率、2.4%に減速、新型コロナでOECD予測(№5306) | トップページ | 第二の矢に撃たれないで(№5308) »