« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月30日 (木)

中小に給付金、補正予算成立(№5362)

新型コロナウイルスの感染拡大に対応するために、一律10万円給付などの緊急経済対策を盛り込んだ総額25兆円6914億円の今年度補正予算が30日、参院本会議で可決、成立した。
■2020年度補正予算に盛り込まれた主な対策
①10万円の給付金    12兆8803億円
・すべての人を対象に市区町村が順次給付
②中小企業の資金繰り  3兆8316億円
・日本政策金融公庫や民間金融機関を通じた中小企業・小規模事業者で実質無利子融資
③持続化給付金     2兆3176億円
・売り上げが減った中小企業に最大2百万円、個人事業主に同百万円を5月から給付
④観光振興       1兆6794億円
・感染拡大収束後の観光などに対する消費喚起策「Go TOキャンペーン」の費用
⑤地方自治体への臨時交付金 1兆円
・都道府県の休業要請に応じた業者への協力金などに充当できる
⑥休校中の学習支援     2292億円
・小中学生に1人1台のパソコンなどを確保するコースを前倒し
⑦雇用の維持        690億円
・雇用調整助成金の助成率を引き上げ、対象も労働時間が週に20時間未満のパートタイム労働者の休業手当に拡大。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、休業手当の一部を国が支援する「雇用調整助成金」(雇調金)の申請に動く企業が急増しています。
相談殺到、予約しても1カ月待ち。

 

|

2020年4月29日 (水)

新型コロナウイルス以降の中国経済(№5361)

29日の感染者数は大阪44人、東京都では47人が確認された。5月6日までの緊急事態解除は厳しい。米国の1~3月GDP年4.8%減、4~6月40%減(米議会予算局)予想。中国の全人代5月22日開幕決定。中国の1~3月GDP年6.8%減、新型コロナウイルスに揺らぐ経済政策が焦点です。

 

「第28回華鐘春季セミナー(オンラインセミナー)」
<セミナー概要>
【日時】5月15日(金) 14:30~18:00
【場所】Zoomウェビナーによるオンライン
【テーマ及び講師】
(1)新型コロナウイルス制圧後の上海は
           さらなる対外開放で外資導入を加速
・・・上海市外国投資促進センター顧問 羅和慶
(2)2019年中国経済実績と新型コロナウイルス以降の中国経済
・・・董事長総経理 古林恒雄
(3)事例報告(①緊急時の資金調達、②出資者への利益還元)
・・・董事副総経理 能瀬徹
(4)コロナウイルス蔓延を防いだ中国IT技術の今
・・・総経理助理 古林将一

|

2020年4月28日 (火)

緊急事態宣言 試される日本社会(№5360)

関西大学社会安全学部×産経新聞 オンラインセミナー
『新型コロナが突き付けたクライシス』
【第2回】
・日時:4月28日(火)18.00~19.00
・演題:「緊急事態宣言 試される日本社会」
・講師:元吉忠寛教授(心理学)
    近藤誠司教授(災害ジャーナリズム論)
    永松伸吾教授(防災・危機管理政策)
・4月7日の緊急事態宣言で社会に何をもたらすのか。
また、何が変わるのか。私たちは何を変えなければなら
ないのか。危機真っただ中にある現在の日本社会の問題点と
課題を、危機管理のスペシャリストである関西大学社会安全
学部の講師陣が解き明かす。
■関西大学社会安全学部×産経新聞 オンラインセミナー
新型コロナが突き付けたクライシス』
(2020年度連続セミナー:危機の時代(第1回))
▼【最新版】ZOOMの使い方を1から分かりやすく解説。【テレワーク】 ▼【初心者向け】Zoom使い方手順!参加するには?ホストになるには? パソコン・スマホでの使い方を徹底解説します。(#64)
Zoomを安全に使う10の設定

▼【2020年4月17日最新画面】主催者向けZOOMの始め方(パソコン版) セキュリティー設定が増えています!

 

 

|

2020年4月27日 (月)

極めて厳しい状況にある(№5359)

近畿財務局が27日発表した関西2府4県の景気判断は、新型コロナウイルスの影響で個人消費が急速に減少しているとして、「極めて厳しい状況にある」としました。この表現を使うのはこれが初めてだということです。
その理由として、▼外国人旅行者の減少や国内で外出を控える動きから、個人消費が百貨店や旅行会社を中心に急速に減少していることや、▼部品の供給が滞ったり需要が落ち込んだりしたことで、機械メーカーなどの生産が低下していることをあげています。

 

|

2020年4月26日 (日)

2020年版中小企業白書・小規模企業白書(№5358)

2020年版中小企業白書・小規模企業白書を取りまとめ、 4 月 24 日閣議決定されました.
詳細は、下記リンク先をご参照ください。
 https://www.meti.go.jp/press/2020/04/20200424002/20200424002.html
■2020 年版中小企業白書・小規模企業白書のポイント
▼新たな価値を生み出す中小企業)
・賃上げと利益拡大の両立を図るためには、付加価値の増大が不可欠。
・製品・サービスの差別化や新事業展開により、新たな価値を生み出すことが重要。
・異業種企業や大学との連携、人材への投資が、中小企業の可能性を拡大。
・製品・サービスの優位性を顧客に伝える取組や、取引条件の見直しが重要。

▼地域で価値を生み出す小規模事業者)
・地域の生活やコミュニティを支える小規模事業者が、住民と地域との接点に。
・小規模事業者は、経営者自身を含む多様な人材の活躍の場を提供

|

2020年4月25日 (土)

フェイスブック、ビデオ会議拡充(№5357)

米フェイスブックは24日、ビデオ会議・通話サービスを拡充すると発表した。最大50人が無料で使える「メッセンジャールーム」の提供を始める。新型コロナウイルスの感染拡大を背景にビデオ会議の需要が高まっている。サービスの強化で利用者が急増している「Zoom(ズーム)」などに対抗する。
■日本経済新聞2020.04.25夕刊より

|

2020年4月24日 (金)

消費者マーケティング お手本は中国にあり(№5356)

「瑞幸珈琲(ラッキンコーヒー)。2018年1月北京で1号店を出したばかりの企業だが、現在中国全土で3000店舗を展開するまでに成長し「年内に4500店舗にする」との目標を公言している。今年(2019年)5月には米ナスダック市場への上場を果たした。
■ラッキンコーヒーがここまで急拡大できた最大の理由は,プロモーションと出店戦略にある。コーヒーは店頭での注文はできない。注文できるのはアプリからのみで、スマホの中で注文から支払いまで完結する。
■現在、中国で起きているトレンドが「口コミ」を最大限に引き出そうというマーケティング戦略だ。最大の理由は日本やアメリカではSNSとECサイトが分かれているのに対して、中国市場では一体化されていることにある。
■上海の「アーバン・レビボ」では、顧客はまず特殊カメラとセンサーが設置された店舗内スタジオで黒い上下のタイツに着替え、写真を撮影する。売り場でカーディガンがかかったハンガーを手に取ると、上部に設置されたディスプレイに、自動で商品内容とオススメのコーディネートを着た顧客の映像が表示された。体形データは店舗が把握しているので、気に入ればそのまま適切なサイズの服を購入できる。試着の必要がないので、服はハンガーにつるして1種類につき1着だけ並べておけば良い。つまり「棚」をなくすことができたのだ。
■膨大かつ多様な消費者を抱え、デジタル化も進んだ市場で、企業が激しい生存競争しているのが現在の中国だ。そこでは、購買力の高まった消費者の心をつかむために、ITを中心としたテクノロジーを駆使して、様々なマーケティング手法が繰り出される。中国で見られるマーケティング手法は世界でも先端を行き、日本を含む他国の近未来を先取りしている。
▼資料の出所:日経ビジネス2019.11.18号p.56~60「デジタル化と消費の高度化で急速進化、消費者マーケティング お手本は中国にあり」

 

|

2020年4月23日 (木)

大阪城 山里丸の桐の花(№5355)

大阪城 山里丸の桐の花がいま見頃です。高貴な色とされる紫色の花を咲かせることから、日本でも神聖な樹木として大切にされてきました。高尚」という花言葉が付けられました。500円玉や勲章の絵柄に用いられてきた。
◆第189回技術向上研究会開催◆
1.日時:4月23日(木)19時00分~20時30分
2.場所:テレビ会議にて(ZOOMミーティング)  
3.議題
(1)理事会報告など
(2)新研究テーマの検討 
2020042253202004225-1  

 

|

2020年4月22日 (水)

次なる強敵「疾病X」に備える(№5354)

Wedge(ウェッジ)2020年5月号 の目次です。

===========================

SPECIAL_REPORT

新型コロナの教訓
次なる強敵「疾病X」に備える

新型コロナウイルスの全国的な感染拡大を受け「緊急事態宣言」が発令された。
国内で初めて感染を確認してからこの間およそ3カ月。
「見えない敵」に向き合う国家の危機対応に問題はなかったか。
感染症との戦いの真っ最中ではあるが、次なる強敵に備え初動を振り返っておこう。
===========================

Part 1  「コロナ後」の世界秩序 加速するリベラルの後退

Part 2 生かされなかった教訓 危機対応の拙(つたな)さは必然だった

Interview  「疾病X」に備えた日本版CDCの創設を急げ 

Interview 外出禁止令は現行法では困難 最後の切り札は「公共の福祉」 

Part 3 危機において試されるリーダーの「決断力」と「発信力」

Chronol 繰り返し繰り返し人類を襲った感染症の歴史

Column1 世界のリーダーはどう危機を発信したか?

Part 4 オンライン診療は普及するのか 遅きに失した規制緩和

Column2  露呈したBCPの弱点 長期化リスクへの対策は?
===========================
■WEDGE_OPINION 1
「コロナ不況」の試練は危機収束後にも表れる

■WEDGE_OPINION 2
コロナ蔓延の隙を突く中国軍海洋進出に備えよ

■WEDGE_REPORT 1
医療崩壊を招いたEUの緊縮財政 再燃する欧州の南北対立

■WEDGE_REPORT 2
中国が抱える医療の〝ゆがみ〟 オンライン診察が広がる理由

■WEDGE_REPORT 3
あなたの街の水道は大丈夫? 老朽化対策が進まぬ理由

■NEWS_TOPICS
留学生頼みの日本語学校を襲うコロナショック
出井康博(ジャーナリスト)

五輪を彩るテクノロジー by 黒井克行
新国立に込めた技術

Global Economy by 小山 堅
新型コロナで暴落の原油市場 「協調減産」復活も産油国の苦境は続く

道半ばの社会保障改革 by 土居丈朗
新型コロナ休業補償のジレンマ モラルハザードを防げるか

米国で挑む闘魂経営 by 藤田浩之
社員の不安を払拭するコミュニケーション

各駅短歌 by 穂村 弘
マネキン

中国 覇権への躓き by 加茂具樹
〝コロナ危機〟を〝好機〟にしたい共産党

時流仏流 by 鵜飼秀徳
社会が混乱する時こそ「利他の精神」を

国防の盲点 by 勝股秀通
コロナ禍で再浮上する〝病院船〟構想

戦国武将のマネー術 by 橋場日月
プレハブエ法の先駆け・松永久秀の多聞山城

VALUE MAKER by 磯山友幸
お寺を活性化するシェアリング・エコノミー

さらばリーマン by 溝口 敦
バイオリンを創る、弾く、聴く 65歳からのゆるい起業の醍醐味
橋本敦守さん(膳所弦楽館代表)
20200422wedge_p

 

 

| | コメント (0)

2020年4月21日 (火)

危機の時代 新型コロナが突き付けたクライシス(№5353)

関大オンラインセミナー開講
新型コロナウィルスの感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言を受け、関西大学社会安全学部は21日午後6時から、産経新聞社と協力し、「危機の時代 新型コロナが突き付けたクライシス」と題したオンラインセミナーを開講します。パソコンやスマートフォンなどでどこからでも参加可能。危機管理に詳しい講師陣が、新型コロナで浮かび上がった日本社会の問題点を解説し,今後の社会像を発信します。

■第一回は「『最悪シナリオ』はどこにある」と題し、感染症政策、公衆衛生を専門とする高取毛敏雄教授、山崎栄一教授(災害法制)、永松伸吾教授(防災・危機管理政策)が、日々深刻さを増す現状を踏まえた社会の今後の見通します。

■第二回は28日午後6時から。永松教授、元吉忠寛教授(心理学)、近藤誠司準教授(災害ジャーナリズム論)が「緊急事態宣言 試される日本社会」をテーマに情報社会の在り方について講義します。

 

|

2020年4月20日 (月)

IBM Open Technology Summit 2020(№5352)

「IBM Open Technology Summit 2020 開催」
▼IBMは2月13日、東京・六本木のグランドハイアット東京でオープンテクノロジーに対するIBMの取り組みや最先端の活用事例などを紹介する「IBM Open Technology Summit」を開催した。
▼基調講演では、日本IBM 代表取締役社長執行役員の山口明夫氏とレッドハット 代表取締役社長の望月弘一氏らが登壇するパネルディスカッションが行われた。▼山口氏は、「日本IBMとレッドハットのチームワークによって、お客さまに高い価値を提供できるようになる」と発言。
▼望月氏は「1社だけで競争を勝ち抜くことはできない。いかにオープンであるか、いかにエコシステムを構築するかが、これからは鍵になる。レッドハットと日本IBMの2社が協業することで、日本の企業に対して新たな価値を届けることができる」とした。
■10.00~11.45
量子コンピューターの実用化、オープンなハイブリッド・マルチクラウド思考 〜未来のコンピューティングを実現するテクノロジーとアーキテクチャー〜
▼そうした新たなテクノロジーが次々出現する中で、われわれIBMはどこから来たのか、そして今どこにいて、どこへ向かうのか。
■13.00~13.45
デジタル変革 (DX)の成功企業から学ぶ、
AI活用の3つのポイント
本日の午後は、10時から13.45のセッションを録画で聴講しました。

|

2020年4月19日 (日)

新型コロナウィルス感染1万人を超えた(№5351)

4月19日(日)、19日の新聞から新型コロナウイルス関連の主な記事を拾ってみました。
■国内では18日,新たに578人の新型コロナウィルス感染が確認され,クルーズ船の乗客乗員らを除いた累計が1万人を超えた。3月末以降、1日の新たな感染者確認が数百人というハイペースとなり、市中での感染拡大の脅威は衰えを見せていない。感染者は4月9日に5000人を超えて以降、9日間で倍増。都道府県で確認される人数が大幅に増えている。1日あたりの判明者数は8日以降、500人を超える日も多い。死者は16人増え、計236人になった。
新型コロナウイルス感染世界マップ ■台湾の警告、WHOが無視
台湾の中央感染症指揮センターによれば、台湾の保健当局は昨年12月31日、中国・武漢で呼吸器系の感染症が発生しているとの情報に基づき、WHOの連絡窓口に電子メールで通報。重症急性呼吸器症候群(SARS)を疑わせるような症状があることや「患者が隔離治療を受けている」ことを明記したという。同センターは、公共衛生分野のプロなら「隔離治療」に関する一節をみれば、人・人感染の可能性を判断できると説明した。
■中国国内の新型コロナウィルス対策をめぐってアフリカ系住民らが差別的な扱いを受けたとして、アフリカ諸国は反発を強めている。中国は巨大経済圏構想「一帯一路」の重要拠点とみなすアフリカに巨額の投資を行って結びつきを強めており、アフリカ諸国が表立って中国を批判するのは極めて異例だ。習近平指導部の対アフリカ外交が思わぬ「つまずき」に直面している。産経新聞4月19日
■在宅勤務でサイバー攻撃増加 「Zoom」会議荒らし多発
新型コロナウイルスの感染拡大で在宅勤務が広がる中、サイバー攻撃リスクが高まっている。世界で3億人の利用者を抱えるビデオ会議サービス「Zoom(ズーム)」では会議室への不正侵入が多発した。被害はテレビ会議にとどまらず、コロナ関連不正サイトに誘導する被害は3月に1月比で8.7倍の計3万件超に急増。利用者は機密情報の管理など一段の安全対策が必要だ。日本経済新聞4月19日

 

|

2020年4月18日 (土)

造幣局の桜(№5350)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、明治から続く春の風物詩「」は中止となっています。「今年の花」の「春日井」は、奈良春日山の麓にあった桜を京都市の佐野藤右衛門氏が接木育成した桜です。
2020041899202004189320200418942020041805202004189620200418032020041807

|

2020年4月17日 (金)

全国に緊急事態宣言(№5349)

全国に緊急事態宣言
首相「GW、移動最小に」 13都道府県「特定警戒」指定
安倍晋三首相は16日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、緊急事態宣言の対象を全国に広げると表明した。都市部から地方への人の移動などで感染が全国にまん延する恐れがあるためだ。既に宣言の対象にしていた東京など7都府県と同様、期間は5月6日まで。全国の知事が法的根拠に基づき外出自粛などを要請できる。国を挙げて感染拡大防止に取り組む。日本経済新聞4月17日より

|

2020年4月16日 (木)

中国人は日本の何に魅かれているのか(№5348)

「中国人は日本の何に魅かれているのか 日中共存の未来図」
■著 者:近藤 大介 著
■出版社:秀和システム
■目 次:

第1章 〝和食〟の旨さに目覚めた中国人
 中国大都市の日本食ブーム
 第1次日本料理ブームは1995年
 ビザ解禁から広まった第2次日本食ブーム
 セブン-イレブンの功績
 日本ブランドを隠して成功した吉野家
 中国人が絶賛する六花亭の「バターサンド」
 中国の酒文化は「武器」だった
 5万円の「獺祭」も大人気

第2章 日本の本が中国で読まれる理由
 北京五輪後、世界中の富が押し寄せた中国
 村上春樹は中国でなぜ読まれるか
 「性愛大師」渡辺淳一
 ミステリーブームを牽引した東野圭吾
 自国にはない日本の「平穏」に魅かれる中国人
 中国語作品の邦訳にはいまだ壁がある

第3章 マンガとアニメは〝日本に追いつけ、追い越せ〟
 「クレヨンしんちゃんは胡錦濤より有名」
 中国初の「マンガ講座」開講秘話
 アニメ技術の日中差
 「日中合作」という奇策
 コンテンツ産業を活気づかせるBATH
 日本への逆輸入

第4章 〝旧き良きアジア〟としての日本旅行
 驚愕だった「爆買い」
 日本の不動産を買って金品宝飾を隠す中国人
 中国人旅行者の経済効果は2兆円
 北海道旅行の大ブーム
 「肺を洗う旅」
 大阪がナンバーワン人気スポット
 「20世紀観光」としての日本旅行

第5章 日本の技術は中国企業の生命線
 日本に賠償金を求めなかった中国
 5度の日中経済ブーム
 「日中逆転」を中国では「回帰」と呼ぶ
 アリババが有する世界最大のビッグデータ
 いまや国民的行事となった「ダブル・イレブン」(11月11日)
 実店舗経営に乗り出したアリババ
 日本が大好きな任正非・ファーウェイCEO
 日本企業の技術はファーウェイの生命線
20200416_

 

|

2020年4月15日 (水)

新型コロナウイルス対策のテレワーク急増(№5347)

Zoomって何?
■Zoomは、パソコンやスマートフォンを使って、セミナーやミーティングをオンラインで開催するために開発されたアプリです。セミナーの主催者から招待URLまたは、ミーティングIDを受け取ります。指定の時間に、その招待URLをクリックするか、ミーティングIDを入力するだけで、セミナーに参加できます。

■新型コロナウイルス対策のテレワーク急増により、米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(Zoom Video Communications)が提供するビデオ会議「Zoom」の人気が高まっている。2019年12月は多くても1日当たりの利用者が1000万人だったが、2020年3月には2億人以上に増加したという。従業員の出社を原則禁止する措置をきっかけに、社内にテレワークを定着させる。また、大学ではオンライン授業は双方向のビデオ会議システム「ZOOM」を採用が進んだ。
■利用者の急増に伴って研究者などがZoomを精査するようになり、セキュリティーに関する問題が次々と報告されている。そういった報告に関する記事を読んで、「危なそうだからZoomを使うのをやめよう」と思っている人は少なくないだろう。
■Zoomに関するセキュリティー問題は多数報告されているが、代表的なものとしては以下が挙げられるだろう。
(1)Zoomの暗号化は強固でない
(2)Zoomのクライアントソフトに危険な脆弱性が見つかっている
(3)開催する会議の設定に不備があると第三者に「乱入」される
■セキュリティが心配なら試してみよう、Zoomに替わるビデオ会議アプリ5選 1)Skype
2)HouseParty
3)Signal
4)WhatsApp
5)Microsoft Teams

■Zoom:セキュリティとプライバシーの10のヒント
1. 常識を働かせる
2. Zoomへの登録には仕事用メールアドレスを使用する
3. 偽のZoomアプリケーションに用心する
4. 会議のリンクはSNSで共有しない
5. 会議はそれぞれパスワードで守る
6. 「待機室」を有効にする
7. 画面共有機能に注意する
8. できるだけWebクライアントを使用する
9. 「エンドツーエンドの暗号化」を文字どおり信じない
10. 人々が何を見て何を聞くかに思いを巡らす

| | コメント (0)

2020年4月14日 (火)

ウィルスが変えた社会、芽吹く新秩序(№5346)

日経ビジネス2020.4.13号の特集は「ウィルスが変えた社会」です。

「ウィルスが変えた社会
コロナ・エフェクト
芽吹く新秩序」

▼新型コロナウィルスとの戦いが重大な局面を迎えている。
私たちの生活も一変したが、収束後は元に戻ると考えている人も多いだろう。
だが、変容した社会が以前の状態に戻ることはない。
1ミクロンにも満たないウィルスが世界を根底から変えてしまった。
新しい秩序が生まれようとしている。
------------------------------------------------
PLOLOGUE、新型コロナがもたらす新たな社会
PART.1:未曽有の戦いの先
    社会はこう変わる
    新秩序
    ①.都市のオフィス
     需要は減退
    ②.日本型雇用は
     なくなる
    ③.鉄道会社は苦境に
    ④.進むか
      学校のIT活用
    ⑤.「秋入学」が
      実現?
    ⑥.グローバル化は
      さらに進む

COLUMN「導入企業に見るテレワーク必勝法」

     テレワークを快適に進めるための工夫が求められる

PART.2:加速する「厳選消費」
    上辺のおもてなし不要
EPILOGUE:「人類の危機」が生む革新
20200413

| | コメント (0)

2020年4月13日 (月)

天神祭、花火や船渡御など中止(№5345)

 新型コロナウィルスの感染拡大を受け、大阪天満宮は13日、大阪の夏の風物詩として知られる「天神祭」に伴う奉納花火などの行事を中止すると明らかにした。本殿での神事は神職のみで営む。
 天神祭は千年以上の歴史があるとされ、今年は7月24~25日の予定だった。市中心部を流れる川で約100隻の船が行き交う主要行事「船渡御」や、御神霊を乗せたみこしが練り歩く「陸渡御」も中止する。
 東北を代表する夏祭りの一つ、秋田市の「竿灯(かんとう)まつり」も13日、戦後初となる中止が決定。長崎市で江戸初期から続く秋の大祭「長崎くんち」の主要な出し物も中止になる(産経新聞より)。

 

|

2020年4月12日 (日)

免疫力でウイルスに克つ(№5344)

~免疫力でウイルスに克つ~
『なぜか免疫力の高い人の生活習慣』
石原結實氏 
  医学博士 クリニック院長

♪ 十分な睡眠

♪ 1日1時間の歩行

♪ 適度なアルコール

♪ 腸の善玉菌を増やす、海藻、
  アロエ、カテキン、ハチミツ

♪ 「熱」が免疫力を高める

♪ 歌うことによって、
  内臓がマッサージされる

♪ 腹筋と握力が生命力を与える

♪ 体を温めると、
  免疫力はさらにアップ
20200412_Img_3357

 

| | コメント (0)

2020年4月11日 (土)

新型コロナウイルス追跡システム(№5343)

AppleとGoogleが、新型コロナウイルスの感染拡大を追跡するためのシステムを発表しました。この追跡システムはユーザーの使用する端末のBluetooth Low Energy(BLE)を用いることで「新型コロナウイルスに感染した人と接触した可能性のある人」を特定・警告することが可能です。
■共同開発するシステムは、スマートフォンが6フィート(1・8メートル)以内にある別のスマホと15分ごとに交信し、履歴を保存する。あるスマホ利用者が新型コロナ感染者と診断され、専用アプリに感染情報を登録すれば、14日以内に感染者と近距離にいたスマホ利用者に「あなたは最近、感染者と接触しました」と警告を送る仕組み。■アプリをダウンロードしたユーザーがアプリ経由で「自身が新型コロナウイルス感染症と診断されたか否か」を報告することで、感染者と密接に接触した可能性のあるユーザーには、アプリ経由で警告を通知できるようになるとのことです。■新型コロナ感染者の位置情報などを基に感染経路を調べる技術は「接触追跡(コンタクト・トラッキング)」と呼ばれ、すでに中国やシンガポールなどで運用が始まっている。

| | コメント (0)

2020年4月10日 (金)

国内感染者は5000人超す(№5342)

東京都は9日新型コロナウィルスの感染者が新たに181人確認されたと明らかにした。1日あたりの感染者数としては8日の144人を上回り2日連続で最多を更新、累計では1519人となった。大阪府も9日府内で新たに92人の感染を確認したと発表。1日に判明した感染者数としては最多で、うち79人の感染経路が不明だ。
■IMFのゲオルギエワ専務理事は9日、2020年の世界経済が「1930年代の世界恐慌以来、最悪の景気低迷に陥ると想定いる」と述べた。
2020041018292

| | コメント (0)

2020年4月 9日 (木)

感染リスクを減らす行動の目安(№5341)

新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言で「他人との接触を8割削減する」目標が打ち出され、東京都など7都府県で8日、外出自粛措置が始まった。英国の研究グループが打ち出した政策と狙いは同じで、患者の爆発的増加を食い止める現在唯一の方法だ。国内の専門家は「どこまで徹底して実践できるかが重要だ」と指摘している。〔9日付け日本経済新聞)

■感染リスクを減らす行動の目安
▼これまでの対策
・密閉、密集、密接の空間を避ける
・大声を出さない
■新たに加わる対策
・1日10に会う場合は2人までに
・人と会う外出は1日1回程度に
・外出は食料品の買い出し、通院、必要な仕事程度に
・1人の散歩やジョギングは問題なし、
 運動不足に注意
新型コロナウイルス感染症に関する専門家有志の会

 

| | コメント (0)

2020年4月 8日 (水)

デュポンの公式 ROI(№5340)

「デュポンの公式」というのは

米国の大手化学会社デュポン社に勤務する電気技師ブラウンが1910年代に作り出した公式です。

■投資収益率はROI(return on investment )

ROIは、総資本から事業活動(特定事業)への投下資本(運転資本などの流動資産、有・無形固定資産など)を選別し、投下資本に対してどれだけのリターンがあったのかを示した値です。投下資本が対象とする事業活動の営業利益を投下資本で割った比率で表されます。

■総資産税引き後利益率=総資産回転率×売上高税引き後利益率=純利益/総資産額

ROIを利益率×回転率に分解したものがデユポン公式

というものです。

「税引き後利益=純利益」なので、「総資産税引き後利益率=純利益/総資産額」です。

 総資産回転率=売上高/総資産額

であり、

 売上高税引き後利益率=税引き後利益/売上高=純利益/売上高

なので、

 総資産回転率×売上高税引き後利益率=(売上高/総資産)×(純利益/売上高)=純利益/総資産額

となります。

■企業の利益率を上げるには

 ・資産の効率を上げ資産当りの売上高を増加させるか

 ・単位当りの利益率を上げるか

■ROIは収益性を判断する指標。投下資本(資産)の運用効率を測定する尺度となり、標準企業で5~6%。10%以上ならexcellent company.

 

|

2020年4月 7日 (火)

接触を8割減らして、新規の感染者数を抑制(№5339)

4月7日、安倍晋三首相は新型コロナウイルスについて緊急事態宣言を発令した。▼「医療機関への通院、生活必需品の買い物、必要不可欠な職場への出勤、健康維持のための散歩やジョギングなど生活の維持に必要な場合には外出できます」という。▼あくまでも要請がベースなのである。▼今回の緊急事態宣言の大きな狙いは、人々の行動変容である。▼人と人との接触機会を減らすことで、新型コロナの感染拡大の防止を目指しているといってもよい。
▼西浦博北大教授の試算によれば、人と人の接触を制限しなければ、感染者数の増加には歯止めがかからない。▼接触を2割減らしても、増加のペースを数日遅らせるだけ。▼「接触を8割減らしてこそ、新規の感染者数を抑制できる」。▼それまで毎日10人と会っていたなら、それを2人に減らさないといけない。▼企業に求められるのは、従業員の出社を抑制し、在宅勤務を推進することである。▼在宅勤務が難しい中小企業などは勤務のシフトを変更し、時差通勤とすることを急ぐべきだろう。▼コロナの抑制と経済活動の維持。▼2つの目標のうち、今はコロナの抑制を最優先するときだ。▼欧米のような医療崩壊を招いてしまうと、経済の再生に要するコストは法外なものとなる。

|

2020年4月 6日 (月)

種は社内にある イノベーションの新作法(№5338)

日経ビジネス及びWedge(ウェッジ)の最新号の目次です。

■日経ビジネス 2020年4月6日号 の目次

■特集 種は社内にある イノベーションの新作法

●種は社内にある イノベーションの新作法(024p)
●オープンイノベーションに限界 革新の種は社内にあり(026p)
●やみくもに探しても見つからない 埋もれた技術 蘇らせる4つの戦略(028p)
●強い企業ほど 「社内の種」 を育てている(034p)
●三菱電機、アップルとの共通点 革新力増強には知財を経営の中心に(038p)

■Wedge(ウェッジ) 2020年4月号 の目次

■WEDGE_SPECIAL_REPORT

脱炭素バブル
したたかな欧州、「やってる感」の日本

PART 1 「脱炭素」ブームの真相 欧州の企みに翻弄される日本
PART 2 再エネ買取制度の抜本改正は国民負担低減に寄与するか
PART 3 「建設ラッシュ」の洋上風力 普及に向け越えるべき荒波
PART 4 水素社会の理想と現実 「死の谷」を越えられるか
Column 世界の水素ビジョンは日本と違う
Column クリーンエネルギーでは鉄とセメントは作れない
PART 5 「環境」で稼ぐ金融業界 ESG投資はサステナブルか?
===========================

炭素バブル
したたかな欧州、「やってる感」の日本

気候変動への関心の高まりとともに、巨額のマネーが「環境」に雪崩れ込む。
欧州は「脱炭素」に向けた主導権を握ろうと、ルールメイキングに余念がない。
日本も脱炭素の切り札として水素社会に突き進むが、実態は絵に描いた餅だ。
===========================
202004060_n202004063l

 

|

2020年4月 5日 (日)

桑蓬会第45回:「世界第2の未踏峰登頂クーラ・カンリ」(№5337)

4月5日(日)大阪城公園の桜は満開、朝6時30分のラジオ体操の後、大阪造幣局正門から通り抜けの桜の様子を見ましたが、まだ早いですね。残念ながら今年は公開中止のため見ることができません。▼東京都は5日、都内で1日に確認された人数としては最も多い143人が新型コロナウイルスに感染していることを新たに確認したと発表しました。1日に100人を超えるのは2日連続で、これで都内で感染が確認された人は合わせて1033人になりました。
▼「ヨーロッパの孫に聞かせる日本と世界の歴史」の著者岡市敏治氏が桑蓬会で発表された時の資料を昨日から探していたが、書棚のファイルから見つかった。
■1987年6月20日(土)開催の桑蓬会第45回は会員の岡市敏治氏の「世界第2の未踏峰登頂クーラ・カンリ」のご発表でした。岡市敏治氏は神戸大学チベット学術登山隊長として、1986年4月21日にクーラ・カンリ(7554m)登頂に成功されました。登山隊長のリュック、登山靴姿で梅田の弥生会館の会場に来られ、ご発表されたのを昨日のように思い出しました。
20200405182020040519

 

|

2020年4月 4日 (土)

給付額は1世帯あたり30万円案(№5336)

世界経済のコロナとの長期戦が現実になる中で、米国で失業保険の申請が急増するなど各国で雇用関係の統計が悪化している。米労働省が2日発表した失業保険の新規申請件数(季節調整済み)は、3月28日までの1週間で664万件となり、過去最大だった前週(330万件)からさらに2倍に膨らんだ。
▼政府は3日、新型コロナウイルスの感染拡大により収入が減った世帯などへの現金給付の枠組みを決めた。給付額は1世帯あたり30万円とする。減収後の月収が一定の基準を下回る世帯に対象を絞り、高額所得者への給付は見送る。希望する人が市町村に自己申告して受け取る。
■山中伸弥教授による新型コロナウイルス情報発信 5つの提言
▼提言1 今すぐ強力な対策を開始する
わが国でも、特に東京や大阪など大都市では、強力な対策を今すぐに始めるべきです。
▼提言2 感染者の症状に応じた受入れ体制の整備
無症状や軽症の感染者専用施設の設置を
▼提言3 徹底的な検査(提言2の実行が前提)
中国、韓国、イタリヤ、アメリカで出来て、日本で出来ない理由はありません。
▼提言4 国民への協力要請と適切な補償
国民に対して長期戦への対応協力を要請するべきです。休業等への補償、給与や雇用の保証が必須です。
▼提言5 ワクチンと治療薬の開発に集中投資を
産官学が協力し、国産のワクチンと治療薬の開発に全力で取り組むべきです。

 

 

|

2020年4月 3日 (金)

ヨーロッパの孫に聞かせる 日本と世界の歴史(№5335)

=本のご案内=

ヨーロッパの孫に聞かせる

日本と世界の歴史

大学受験生の必読書!

この本はヨーロッパで生まれた13歳の孫娘に語り聞かせる、日本と世界そして宇宙についての歴史物語である。私たちの人体も地球も夜空に輝く星のカケラで出来ているというのは驚きだが、そもそも宇宙と生命はどのようにして誕生したのだろう。

ヨーロッパ近代文明が帝国主義の形をとって世界の覇権を握っていく中で、どうして日本のみが伝統文化を保持しつつ植民地化をまぬがれたのだろう。

ヒマラヤに憧れる人にもおすすめ

本書は高校の教科書「世界史」「日本史」「物理」「化学」「生物」「地学」の6教科が種本となっている。科目間の壁を取り払って、テーマごとに興味津々の歴史物語として展開していく。大学受験生の必読書。2500円は安い!

著者が隊長の『ヒマラヤ初登頂記』も併載しており、未知への憧憬と困難に立ち向かう勇気が湧いてくる本である。

                              令和元年5月
著者:岡市敏治 
装幀:A4版250頁 
頒布価格:2500円(税&送料込み)
問合せ先:株式会社コスモ情報センター
TEL:072-891-3031
E-mail: cosmo@extra.ocn.ne.jp

 

 

ヨーロッパの孫に聞かせる日本と世界の歴史

目   次
世界地図
はじめに
第1話  宇宙の始まり……………………………P.1 
第2話  不思議の国ニッポン…………………P.4 
第3話  アルファベットと日本語の起源…P.9
第4話  複式簿記は人類最高の発明………P.16
第5話  宇宙138億年の物語…………………P.25
第6話  人はなぜ山に登るのか……………  P.33 
第7話  人類の教師 ソクラテス……………P.43

第8話  現代の聖者………………………………P.50
第9話  人類の教師 孔子……………………P. 54
第10話 ヨーロッパ近代と江戸時代………P.60 
第11話 中国の歴史………………………………P.67 
第12話 『坂の上の雲』の時代(前篇) ……P.77
第13話 『坂の上の雲』の時代(後編) ……P.85
第14話 ニュートンはどうして引力を発見したのP. 96
第15話 アメリカ合衆国の歴史…………………………p.107
第16話 極限状況下のリーダーシップ………………P.118
第17話 ヒマラヤはどうしてできたの………………P.130
第18話 サムライの時代―中世日本とヨーロッパの封建制―P.137
第19話 イスラム世界 -船乗りシンドバッドの冒険―…P.147
第20話 近代ヨーロッパはどうして世界を支配できたの…P.156
第21話 生命はどうして誕生したの………P.167
付録
Ⅰクーラカンリ初登頂物語………………………P.182

Ⅱ『ヨーロッパの孫に聞かせる日本と世界の歴史』全21話要約一覧表P.245
202004048

 

 

|

2020年4月 2日 (木)

審査機関の新型コロナウイルスへの対応情報(№5334)

京都行き帰りの特急電車も20人中1人がマスクなし。
マスクなしが隣に座られると嫌ですね。
乗客の方が換気のため少し窓を開けているが、
車掌さんが巡回の際に窓を閉めてしまう。
まだ新型コロナの怖さが十分伝わっていないですね。
ニューヨークのハーレムに住んでるシングルママの情報です。
■⚠️ほんまに聞いてほしい⚠️マジでコロナを舐めたらアカン 「三密」です、気をつけましょう。
■ISO45001の学習用 YouTubeです。
  YouTube「安全衛生アカデミー」
■模擬審査:4月17日9.00~15.00
■ISO45001:2018移行審査 6月9日(木)・10日(金)、
■審査機関の新型コロナウイルスへの対応情報は下記サイトをご覧ください        
●日銀短観の景気評価
・自動車-17ポイント
・鉄鋼 -15ポイント
・宿泊飲食サービス -59ポイント
●布マスク1世帯2枚、政府、中旬以降に発送
●富士山大噴火により、約3時間で首都圏の広範囲に火山灰が積もり、大部分の鉄道がマヒする。政府の中央防災会議作業部会が3月末に公表した報告書から。202004027420200402752020040276

 

| | コメント (0)

2020年4月 1日 (水)

階層別ISO研修の手引(№5333)

アイソス04月号で興味ある記事の目次です。

アイソス 2020年04月号 特集 階層別ISO研修の手引 (日本語)

●階層別ISO研修の手引
 執筆/経営コンサルタント 有賀 正彦 P.19)
Part 1 社内研修のキホンのキ     P.20)
Part 2 ISOの階層別研修       P.22)
・新人向け研修 P.22)
・ISO事務局向け研修 P.34)
・内部監査員向け研修 P.35)
・中堅管理職向け研修        P.38)
・経営層向け研修          P.39)
Part 3 社内プロフェッショナルへのアプローチ P.41)
●NEWS & REPORTS
日本品質管理学会 サービスエクセレンス部会/生産革新部会主催
第7回 知識共有会 講演とディスカッション
「周回遅れのデジタルトランスフォーメーション in Japan」 P.48)
講演者/東京大学大学院 情報理工学系研究科 教授/WIDEプロジェクト代表
Internet Society 理事/データセンター協会 理事・運営委員長 江﨑 浩 氏
●新しい国際規格の紹介2  
ISO/IEC 27007:2020         P.14)
情報セキュリティマネジメントシステムの監査員向けの指針がアップデート
●これならできる! ISO 45001/JIS Q 45100   P.70)
〜認証審査の特徴とよくある所見〜
連載 第1回 日本版労働安全衛生マネジメントシステム規格「JIS Q 45100」はなぜ有効か
執筆/中央労働災害防止協会 安全衛生マネジメントシステム 審査センター 認証審査課長/安全管理士
ISO 45001/JIS Q 45100審査員 労働安全コンサルタント(電気) 森田 晃生
20200401400_

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »