« 緊急事態宣言が5月31日まで延長、オンライン授業なぜできない?(№5367) | トップページ | 「STAY HOME」家でラジオ体操しよう(№5369) »

2020年5月 6日 (水)

地球に住めなくなる日(№5368)

「地球に住めなくなる日」
デイビッド・ウォレス・ウェルズ著、 藤井 留美訳、NHK出版
▼平均気温が4℃上昇した世界はどうなるのか?
現状の二酸化炭素排出ペースが続けば、今世紀末までに平均気温が4℃上昇するという予測が現実味を帯びてきます。
4℃の上昇で、下記のことが起こります。
・地球規模の食料危機が毎年発生する。
・酷暑関連の死者が全体の9パーセント以上を占める。
・複数の気象災害が1か所で同時発生することが増え、損害は世界全体で600兆ドルに達する。
・紛争や戦争が倍増する。
■気候変動による影響は、すでに危険水域に入っている。2018年2月、世界を殺人的な熱波が襲い、インドでは100年ぶりの大洪水が起きた。にもかかわらず、地球温暖化の問題については、どこか他人事。そんな現状に、一石を投じる書だ。大規模な気候難民、感染症のグローバル化等々、最悪の未来を具体的に示し、警鐘を鳴らす。TOPPOINT2020.5月号より
2020050720200507_20200507114401

|

« 緊急事態宣言が5月31日まで延長、オンライン授業なぜできない?(№5367) | トップページ | 「STAY HOME」家でラジオ体操しよう(№5369) »