« SDGs・ESGで難局を乗り越え未来を創る(№5376) | トップページ | 課題はデジタル対応の遅れと気候危機回避(№5378) »

2020年5月15日 (金)

コロナウイルス蔓延を防いだ中国IT技術の今(№5377)

水素エネルギー社会の実装とグローバル連携
日経社会イノベーションフォーラム
日経大丸有エリアSDGsフェス

■福島県浪江町に完成した世界最大級の再生可能エネルギーによる水素製造施設、世界初の液化水素運搬船――昨年末から今年にかけ、水素社会の到来を告げるトピックスが日本から世界に発信されました。水素システムは、脱炭素社会を支えるエネルギーインフラとして、研究・開発から実証の段階を過ぎ、いかに「ビジネスモデル」を構築するか、という局面に差し掛かっています。本シンポジウムでは、産官学のキーパーソンを招き、水素システムの事業化に向けた最前線を追い、その残された課題などを議論し提言します。

※本日のプログラムは下記です。い。

◆プログラム「水素エネルギー社会の実装とグローバル連携」
▼10.20--基調講演「日本水素戦略イニシアティブ」
・柏木 孝夫氏 東京工業大学 特命教授・名誉教授

▼企業講演「燃料電池自動車普及に向けた水素ステーション整備の加速」
・菅原 英喜氏 日本水素ステーションネットワーク 社長

▼企業講演「水素エネルギーへの転換を促すためのイノベーションと
      グローバルコラボレーション」
・ジョー・カペロ氏 岩谷産業 執行役員 米国総代表 (米国岩谷会長兼CEO

◆「第28回華鐘春季セミナー(オンラインセミナー)」
<セミナー概要>
【日時】5月15日(金)14:30~18:00)
【場所】Zoomウェビナーによるオンライン
【テーマ及び講師】
(1)新型コロナウイルス制圧後の上海は更なる対外開放で外資導入を加速
・・上海市外国投資促進センター顧問 羅和慶氏
(2)2019年中国経済実績と新型コロナウイルス以降の中国経済
・・董事長総経理 古林恒雄氏
(3)事例報告(①緊急時の資金調達、②出資者への利益還元)
・・董事副総経理 能瀬徹氏
(4)コロナウイルス蔓延を防いだ中国IT技術の今
・・総経理助理 古林将一氏 

◆関西大学社会安全学部×産経新聞 『新型コロナが突き付けたクライシス』
・2020年度連続セミナー:危機の時代(第3回)
【テーマ】:『出口戦略』を考える 判断の根拠は何か」
【日時】5月15日(金)18:00~19:00)
【場所】Zoomウェビナーによるオンライン
【講師】
・・講師:越山健治氏(都市防災、復興計画、地域安全計画)
・・講師:菅原慎悦氏(安全の思想、科学技術史と社会、リスクをめぐるガバナンス)
・・講師:永松伸吾氏(公共政策・危機管理)

|

« SDGs・ESGで難局を乗り越え未来を創る(№5376) | トップページ | 課題はデジタル対応の遅れと気候危機回避(№5378) »