« 朝のラジオ体操会再開(№5379) | トップページ | 助成金を活用したオンライン研修(№5381) »

2020年5月18日 (月)

Zoomでグループワーク体験(№5380)

「診断士のためのZoom入門」を受講しました。
・テーマ:診断士のためのZoom入門
・日 時:5月18日(月)19.30~20.30
・場 所:オンライン会議室(Zoom)
・講 師:柳瀬智雄氏(大阪府協会会員)
     株式会社ビズパワーズ 代表取締役   
■コロナ禍の今、学校の授業や企業研修、様々なレッスンが長いお休みが続き、急遽オンライン化がさまざまな分野で急速に広がっています。先生や講師の方々がその対応に追われています。小企業へのテレワークの普及は、喫緊の課題であり、診断士こそが、それを推進する役割を担うと期待されています。
今回のセミナーでは、経営相談や会議などに活用できるZoomの機能を紹介し、グループワーク(所要時間:10分間)で診断士として、Zoomをどのように活かせるかを考えた。おなまえの50音順に、一人30秒程度で「自己紹介(名前と仕事内容、診断士としての滑動等)」を行う。今日の司会進行役は、誕生日が最も早い人が担当する。
【体験ワークのお約束】
①TVやオーディオの音を消してください。
②手を挙げて、発言しましょう
③リアクションは大きめに
④他人の話に割り込まないでください。
⑤他人の発言への否定批判は禁止です。
⑥ゆるーく、対話を楽しんでください。
【診断士として、Zoomをどのように活用したいか】、発言は下記でした。
・遠方の顧客にはZoomを使って移動時間を節約できる。
・使い勝手がよくなり十分活用できる。便利な機能が利用できる。
・コンサル時のヒアリングには使用できる。
・対面場面でもZoomは使える。
・先方の都合で、一回の訪問時間が短い場合でも対応できる。
・コンサルで、最初の訪問以外はZoomで可能である。
・通信環境が良くなり、タイムラグが減少した。
・距離・移動時間がゼロで、正味のヒアリング時間となり、
 コンサルの生産性が大幅に向上する。
・会議の効率化、時間の短縮化の実現。
・次回の内部監査員研修をZoomで実施する。

 

|

« 朝のラジオ体操会再開(№5379) | トップページ | 助成金を活用したオンライン研修(№5381) »