« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月31日 (金)

勝ち残る中堅・中小企業になるDXの教科書(№5454)

勝ち残る中堅・中小企業になるDXの教科書
野口 浩之/著∥日本実業出版社∥2020.3

◆内容紹介
レガシーを見極め、自社の「最適解」を導く-。DX(デジタルトランスフォーメーション)の定義から実際の進め方までを、中堅・中小企業向けに事例を交えて解説する。話題のDXを中堅・中小企業向けに解説する唯一の書。コンサル経験豊富な著者が、人的資源や資金が豊富でない中堅・中小企業がどのようにして先端デジタル技術を取り入れ、ビジネスモデルを変えていくか、先進事例を交えて具体的な進め方を示していきます。

◆DX(デジタルトランスフォーメーション)とは・・・
「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念であり、ビジネス用語としては定義・解釈が多義的ではあるものの、おおむね「企業がテクノロジーを利用して事業の業績や対象範囲を根底から変化させる」という意味合いで用いられる。(Wikipediaより引用)
◆日本では、大企業がこぞってIT技術を取り入れている一方、中堅・中小企業では、IT技術の活用が遅れているという現状があります。この本は、中堅・中小企業向けに、DXの必要性を認識する第一歩として、なぜDXに取り組むべきなのか、DXに取り組む上でのポイントや進め方を、実際の事例を踏まえながら述べられています。
◎本書は、まず「2025年の崖」問題(DX=デジタルトランスフォーメーションが進まなければ、2025年には最大で年間12兆円の経済損失が生じる可能性がある、と経産省がレポートで指摘)についてその背景を解説。警鐘を鳴らしつつ、人的資源や資金が豊富でない中堅・中小企業が、どのようにして先端デジタル技術を取り入れ、自社のビジネスモデルを変えていくか、先進事例を交えながら、正しい考え方と具体的な進め方を解説していきます。

■第1章 なぜ、いまDXか
「2025年の崖」で12兆円の経済損失/レガシーシステムより問題な事業のビジョン/レガシー化状況を測るチェックポイント/ 旧態依然とした業務を当たり前だと思うことがレガシー化/ファックスこそ日本の技術的負債/ビジョンの実現のためにDXはある/DXで顧客満足度は向上する/DXとはビジネスモデルのイノベーション
■第2章 大企業で進むDX
既存産業を破壊するデジタル・ディスラプター/日本の大手はDXに取り組んでいるが前進できない状態/DXによる「サービス強化」の事例/ DXによる「既存事業の再生」の事例/DXによる「新規事業の創出」の事例
■第3章 中堅・中小企業こそDXに取り組むべき理由とは
DXは、実は中小企業ほど取り組みやすい/クラウドサービスで費用がリーズナブルに/ブロックチェーン技術で貿易が簡便に/DXで資金調達も便利になる/同じ方向を向く仲間と一緒にDX/小資本でもAIを使って世の中を変えられる/ 顧客と従業員のことを考えることからDXは始まる/職人と顧客をつなぎ、業界を活性化させる/杜氏が逃げ出した危機を乗り越え生まれた「獺祭」/ 精密金型づくりを職人の手から大卒技術者に解放
■第4章 なぜシステム投資は失敗するのか
経営者と従業員の無責任が失敗の根本原因/システム導入自体が目的となってしまう愚/ベンダーとの「離婚」を回避するには/ IT企画人材は中小企業でも必要になる/業務・組織・風土改革を含めたグランドデザインを
■第5章 DXの進め方はどうするか
経営者が覚悟をもって「Will Beモデル」を考える/IT人材不足は「発見」と「育成」で解消する/ 「デジタルマスター」は利益率が26%高い/自社のビジョン・目標をどう決めるか/カスタマーエクスペリエンスを重視するべき/ビジョンを「SMART」で検証する/成功のポイントは管理、計画、推進、評価/システムの維持・運営費は予算の60%が上限/DX化には積極的に補助金を活用/マイクロサービス化で維持コストが10分の1以下/ITベンダーへの丸投げはできなくなる/実行は「早くできて小さな成果が出せるもの」から/先進事例1 IoTを活用してノコギリ発注をなくす/先進事例2 倒産しかけた老舗旅館がDXで急成長/先進事例3 日本農業の危機を救うベンチャー企業

20200803dx

|

2020年7月30日 (木)

働き方改革で残業ゼロ(№5453)

7月30日・31日はISO9001審査の立ち会いです.
◆7月30日18.30から技術向上研究会です。
日 時:7月30日(木(18.30~20.30
場 所:ZOOM及びマイドームおおさか7階
演 題:「働き方改革で残業ゼロ」
講 師:会員・北村氏
◆第1部は自分の業務に要している時間を計測することにより、「見える化」を行い、改善を図った実例の報告。計測の結果「成果に結びつく大切な仕事」「日常的な仕事」「その他」がそれぞれ1/3であった。
◆第2部は、自分の支店長時代の改善事例で、赤字支店が黒字化した。20200730

 

|

2020年7月29日 (水)

組織横断のデータ活用基盤導入を成功させるポイント(№5452)

組織横断のデータ活用基盤導入を成功させるポイント
~DXを支える全社プラットフォームを目指して~

▼様々な業界でDXへの取り組みが進む中、経産省による"DXレポート"の発表やDXに対する企業の取り組み状況を計る"DX推進指標"の策定などにより、企業におけるDX推進の更なる加速が求められています。

▼DXレポートでは企業に対して、既存システムのサイロ化・ブラックボックス化を解消し、データをフルに活用することでビジネス競争力を強化する必要があると言及しています。▼ビジネス競争力を強化し、顧客、市場の変化に迅速・柔軟に対応するためには、部門ごとではなく全社的なデータ活用が必要となり、それに向けた全社横断の''データ活用基盤"の導入が多く検討されています。

▼しかしながら、この検討を進める上で、目指すべきシステム構成やどのようなツールが必要かなどに苦慮されているお客様の声も多く耳にします。本セミナーでは、データ活用基盤の考え方や構築する上で検討が必要なポイントを事例を交えてご紹介します。

<このような方にオススメです!>
 ●データ活用基盤の導入を検討する予定がある
 ●データ活用基盤の導入を検討を検討したいが、何から始めたらよいか分からない
 ●データのサイロ化や属人化など自社のデータ活用の問題を解消したい

開催概要
日 時:2020年7月29日(水)16:00~17:00  
会 場:Webセミナー(Zoom開催)
主 催:NEC
演 題:組織横断のデータ活用基盤導入を
    成功させるポイント
▼目次
1.NECデータ活用基盤とは
2.NECデータ活用基盤の事例紹介と成功のポイント
3.連携/格納/分析での検討のポイント
4.NECによるご支援について
5.まとめ

▼本パートでお伝えしたいこと
1)本当に組織横断のデータ活用基盤が必要なのか?
  組織横断のデータ活用基盤の市場動向
2)各企業での検討/導入状況は?
データ活用基盤の事例紹介
3)成功させるためのポイントは?
事例から見る成功ポイント・各領域での検討ポイント

 

|

2020年7月28日 (火)

コロナ禍後社会を考える(№5451)

7月28日(火)の夜はオンライン受講しました。
【錢屋塾おおさか講座 ~コロナ禍後社会を考える連続講座】
         
◆日 時:7月28日(火)19.00~21.00
◆会   場:錢屋本舗或はZOOM
◆演   題:コロナ禍後社会を考える第1回
◆講   師:池永寛明先生
      大阪ガス エネルギー・文化研究所顧問
◆内   容:19:00 挨拶
            19:05 池永先生講演
            20:40 質疑応答
            21:00 終了予定
◆第1回の講座は、「コロナ禍後社会を考える基本的視座「総論」」
コロナ禍とは何か。コロナ禍の前の社会はどうだったのか。
コロナ禍が社会に与えるメカニズム、コロナ禍前から後の方向性など
コロナ禍の全体構造を考えていきます。

■今後の講義スケジュール(時間はいずれも19.00~21.00です)
●第2回 8月18日(火)19:00~コロナ禍前の日本を総括する
●第3回 9月 8日(火)19:00~コロナ禍後社会を考える基本構図
●第4回 9月29日(火)19:00コロナ禍後社会におけるビジネスを考える
●第5回 10月20日(火)19:00~コロナ禍後における生活を考える
●第6回 11月10日(火)19:00コロナ禍後における都市・地域を考える
●第7回12月 1日(火)19:00~コロナ禍後社会を考える 「総集編」

 

|

2020年7月27日 (月)

転機を迎える内外政治経済情勢(№5450)

7月27日(月)
・6.10~大阪城天守閣前でラジオ体操。
■宇野先生(テノール)の声楽特別レッスン
日時:7月27日(月)13.00~13.30
会場:近松ビル2階
講師:宇野先生(テノール)
指導:「オーソレミーオ」「早春賦」

■「転機を迎える内外政治経済情勢と為替、商品市況」
日時:7月27日(月) 15:45--17:00
場所:大阪商工会議所 7階 国際会議ホール
講師:住友商事グローバルリサーチ株式会社
     経済部担当部長・チーフエコノミスト  
   本間 隆行 氏
演題:転機を迎える内外政治経済情勢と為替、商品市況2020072738 20200727362020072737

|

2020年7月26日 (日)

大阪新規感染者141人、兵庫は最多49人(№5449)

大阪府は26日、新型コロナウイルスの新たな感染者を141人確認したと発表した。▼府内の1日あたりの新規感染者が100人を超えるのは22日から5日連続で、24日の149人に次いで過去2番目に多い感染確認となった。▼感染拡大に歯止めがかかっておらず、府は週内にも対策本部会議を開き、病床確保計画など今後の医療体制について検討する。
日本経済新聞2020.07.26 ■関連WEB:日本経済新聞新型コロナウイルス関連ページ ■関連WEB:NHK関西特設新型コロナウイルス

 

|

2020年7月25日 (土)

第19回悲願会(№5448)

第19回悲願会
日 時:2020年7月25日(土)17.10~18.00
会   場:法然院
歌(ソプラノ):松井智恵氏
ギター :溝淵仁啓氏
■関連WEB:第7回悲願会
■関連WEB:第12回悲願会 20200725

 

|

2020年7月24日 (金)

DX実行戦略(№5447)

DX実行戦略 デジタルで稼ぐ組織をつくる
Orchestrating Transformation

マイケル・ウェイド(著)、ジェイムズ・マコーレー(著)、アンディ・ノロニャ(著)、根来 龍之・武藤 陽生(翻訳)
出版社:日本経済新聞出版社(2019/8/23)

本書には、デジタルビジネス・トランスフォーメーション(DX)を実行していくうえでの重要な組織アプローチ、それを実行可能にするツールを提供してくれている一冊です。

目次
序 章 なぜいまDXなのか

第1章 既存企業が抱える「変革のジレンマ」

第2章 戦略的な方向性を定める――変革目標とは何か

第3章 「変革目標」を打ち立てる

第4章 リソースをかき集め、協働させる――トランスフォーメーション・オーケストラ

第5章 オーケストレーションを機能させる8つの能力

第6章 オーケストレーションを推進する組織づくり

終 章 企業がとるべき21のアクション

巻末資料1 デジタル・ディスラプション診断
巻末資料2 楽器ごとの組織リソース
巻末資料3 リソース能力評価ワークシート
巻末資料4 オーケストレーター虎の巻

解説
「サイロ化の罠」から抜け出すための組織変革アプローチ
日本企業は「変革のジレンマ」を乗り越えられるか
・「サイロ化の罠」から抜け出せ!
・ほとんどの企業で失敗するのは、なぜか
・どうすればDXを実現できるのか
・企業がとるべき21のアクションとは
■関連web:DX実行戦略 デジタルで稼ぐ組織をつくる 20200726dx

 

|

2020年7月23日 (木)

新型コロナウイルスの新規感染者が、966人、1日あたりで過去最多(№5446)

全国で23日に確認された新型コロナウイルスの新規感染者が、午後10時時点で966人となり、1日あたりで過去最多を更新した。東京都で366人、大阪府で104人にのぼった。ほかに愛知県で97人、福岡県で66人など、都市部を中心に多くの感染が確認された。4連休の初日、各地で過去最多となるケースが相次ぎ、感染拡大に備えた対策が急務となる。

 

|

2020年7月22日 (水)

2000人のSDGs(№5445)

業界別・企業のSDGsの取り組み方とその目的とは!?【第2回】受講
[セミナー概要]:
■日 時:7月22日(水)14:00~15:30【90分】
■主  催:おおさかATCグリーンエコプラザ
■実施方法:ZOOMウェビナー
■プログラム:
◆①子どもにSDGsを伝えるコンテンツと企業コラボレーションの取組み
 講師:小沢典永氏
    ㈱円谷プロダクション経営企画室・シニアプロジェクトマネージャー
◆②2000人のSDGs
  ~SDGsを事業に集め、「職場ラリー」で"自分事に”~
■関連WEB:SDGs私たちの約束 「SDGs 私たちの約束」には、大栄環境グループがSDGsについて誠意ある取り決めを行い、実行していくという意味を込めています。
20200722sdg20200722sdg03

 

|

2020年7月21日 (火)

町工場で、生産管理にスマホアプリが活躍!(№5444)

━━━━━━━━━━━━━━
IoTリーンスタートWEBセミナー 受講しました。
━━━━━━━━━━━━━━
・ スマートファクトリーを実現!
・ 町工場とITベンダーが創ったIoTアプリ

日  時:7月21日(火)15:00~16:30
場  所:オンライン
講  師:
ビジネスプラザおおさか紹介 
◆町工場で、生産管理にスマホアプリが活躍!   
  株式会社サンコー技研 専務取締役 兼 工場長 
  田中 敬 氏  
◆現場ニーズに応えるIT企業の挑戦        
  株式会社サン・エンジニアリング
  代表取締役 岩尾 徳一郎 氏 
◆IoT/DX!「大阪モデル」の事例と展開  
  大阪府商工労働部中小企業支援室 
  総括主査 辻野 一郎

◆内容
本セミナーでは、ものづくり企業がIT事業者とタッグを組んで開発した、現場で使える日報管理を紹介。共用の日報をなくしタッチペン入力することで、接触機会を減らし、Afterコロナのものづくりを支えます。

202007211 202007215

 

 

| | コメント (0)

2020年7月20日 (月)

ポストコロナの新たなインド市場展開の可能性(№5443)

インド現地からのライブ・オンラインセミナー>

     「ポストコロナの新たなインド市場展開の可能性」を受講

◆日 時:7月17日(金) 15:00~16:00

◆場 所:ZOOMオンライン会議システムによるウェブセミナー

◆講 師:InfoBridge Holdings Group Ltd.
     Managing Director 繁田 奈歩 氏

◆定 員:50名(先着順)

◆主 催:(一財)大阪国際経済振興センター(IBPC大阪)

◆共 催:大阪商工会議所、(公財)大阪産業局(予定)

◆世界で中国に次ぐ人口を抱えるインド。モディ首相就任以来「メイク・イン・インディア(インドでモノづくりを)」という現地製造政策を掲げ、外国資本からの投資を誘致する経済改革を進めてきたインドでは、今回のコロナ禍によるグローバルなサプライチェーンの寸断という世界的課題を前に、より一層現地生産を推し進める方針を強化しています。
◆日本企業のインド着目の理由は
1)巨大&若い人口構成:市場ポテンシャル
2)IT大国:デジタル・トランスフォーメーション
3)R&D:新興国イノベーション
◆インド企業視察は製造業・ソフト開発業などへ2007年8月25日~9月5日訪問しました。その一部の記事は下記です。
■関連web:インド企業視察へ2007.08.25

■関連web:インドのソフトウエア企業視察2007.08.29

■関連web:帰国2007.09.05

◆夕食は天下の台所 大起水産 八軒家浜 まぐろスタジアムへ
202007206920070825202007207820200720712020072074

 

| | コメント (0)

2020年7月19日 (日)

7月20日(月)~8月5日(水)の講演・研修の参加予定(№5442)

7月20日(月)~8月5日(水)の講演・研修の参加予定
・7月20日(月)ビデオセミナー
     「ポストコロナの新たなインド市場展開の可能性」
・7月21日(火)15.00~「IoTリーンスタートWebセミナー」
・7月22日(水)14.00~「企業のSDGsの取組み方とその目的」
・7月25日(土)15.10~法然院第19回「悲願会」
・7月27日(月)13.00~「宇野先生の特別レッスン」
       15.45~貿易部会
     「転機を迎える内外政治経済情勢と為替、商品市況」
・7月28日(火)19.00~「コロナ禍後社会を考える」
・7月29日(水)16.00~
   「組織横断のデータ活用基盤導入を成功させるポイント」
・7月30日(木)18.30~技術向上研究会「働き方改革」北村氏  
・8月01日(土)13.00~
      理論政策更新研修「新しい中小企業政策について」
        「中小企業の生産性向上支援
      DX(デジタルトランスフォーメーション)化について~」
・8月05日(水)13.00~『ウィズコロナ時代における日本・
                 関西経済の現状評価と展望 』
           『最近の大阪経済の動向』
           『大阪の成長を支える37業種の中堅・中小企業
            における若者・女性の正社員採用・登用
            に関する調査』
          『大阪のベンチャー企業』

|

2020年7月18日 (土)

海女小屋・相差かまど「おぜごさん」(№5441)

7月18日(土)海女小屋・相差かまど「おぜごさん」へ。‬
‪相差には現役の海女が、現在も約100人。きれいな海の景色を見ながら、海女さんとの会話で、相差の海女が獲った新鮮な海の幸を堪能しました。
◆関連WEB:海女小屋・相差かまど「おぜごさん」 往きの特急:大阪上本町8.50--10.50鳥羽
帰りの特急:鳥羽15.31--17.18大阪上本町

202007180_n 2020071801_n 2020071831_n

|

2020年7月17日 (金)

中国EC市場とJAPAN MALL事業(№5440)

ジェトロの、中国EC市場の現状に関するWEBセミナーを受講しました。

第2回となる今回のセミナーでは、中国ECシェア1位であるアリババグループ傘下のTmallジャパン(株)から、新型コロナウイルスの影響下における化粧品、日用品、キッチン用品・テーブルウェア等の非食品分野の販売の現状と展望等の紹介でした。また、JAPAN MALL事業で連携する日本企業3社より、当事業のプロジェクト内容や成功事例を紹介された。中国EC市場において日本商品を販売していく際のヒントになる内容でした。

日 時:7月17日(金) 13.30~16.10
場 所:WEBセミナー (ライブ配信)
演 題:中国EC市場の現状

内 容:
13:30-14:00
◆講演1「中国EC市場とJAPAN MALL事業の紹介」
ジェトロEC・流通ビジネス課 課長代理 高山 博

14:00-14:40
◆講演2「ポストコロナの中国越境EC ―天猫国際・考拉海購の事業紹介―」
Tmallジャパン(株) 中国輸出入ビジネスユニット Japan MD center カテゴリーマネージャー
伊勢 公一 氏

14:40-15:40
◆講演3「JAPAN MALL連携先による化粧品・日用品、キッチン用品・テーブルウェア等関連プロジェクトの紹介と成功事例」
(株)近鉄百貨店 百貨店事業本部 EC事業部(越境EC) 吉松 修 氏
(株)ロフト デジタル戦略部 顧客計画担当 菅野 弘太郎 氏
(株)DOインターナショナル 商品調達・貿易部 橋本 拓哉 氏
15:40-16:10
◆質疑応答
主催・共催 ジェトロ
◆協力 Tmallジャパン(株)

 

|

2020年7月16日 (木)

桑蓬会のZOOM入門(№5439)

7月16日(木)14.00から歌のレッスンを受けました。
次回27日(月)13.00~は宇野先生の特別レッスンです。
■「オーソレミーオ」
スタートの「Che bella cosa ケ ベッラ コーザ」
滑らかにスタートする。
▼「Ma n'atu sole,」
▼最終のフレーズ「sta' nfronte a te!」を上手く歌うこと。
■「早春賦」はもっと詩の気持ちを十分に伝わるよう歌うこと。
▼日本語の詩の意味を相手にわかるように歌う
▼情景をよく覚えて、歌詞を見ないで歌えるようにすること。
▼自分が客席にいると思って、話している状態で歌う。
▼よく練習すること。毎日5分必ず続けること。
■関連動画: O sole mio (オーソレミオ) コルシカ島(Bonifacio) ■関連動画:~早春賦~白鳥英美子~ ◆18.30--20.00桑蓬会第401回研究会は井上さんの「ZOOM入門」でした。
20200716

|

2020年7月15日 (水)

SDGsの取り組み方とその目的(№5438)

業界別・企業のSDGsの取り組み方とその目的とは!?【第1回】

 

■日  時:7月15日(水)14:00~15:30【90分】
■主  催:おおさかATCグリーンエコプラザ
■実施方法:ZOOMウェビナー
■[セミナー概要]
:1)【SDGs × 教育】
「SDGsを起点にした次世代教育への取り組み
ー企業連携による実践的教材ツールの開発ー」
・【講師】東井 尊 氏 東京書籍株式会社 事業開発室 課長
東京書籍株式会社教育用Webサービス「EduTownSDGs」の紹介

 

:2)【SDGs × 自治体】
 「自治体のSDGsの取り組みと企業とのパートナーシップ」
【講師】蓑島 豪 氏 
  株式会社クレアン サステナビリティ・
  コンサルティンググループ コンサルタント
株式会社クレアン下川町下川町のSDGs(持続可能な開発目標)の達成にむけた取組み第1回「ジャパンSDGsアワード」総理大臣賞を受賞しました下川町×吉本興業

 

|

2020年7月14日 (火)

旧藤田邸跡庭園(№5437)

7月14日(火)
・午前は大阪市立中央図書館へ図書の返却。
・雨上がりの午後、16.30~18.15旧藤田邸跡庭園の蓮の花・ミライザ大阪城へ。
ミライザ大阪城のバーベキューは火曜日が定休ですが、本日はオープンしていた。
旧藤田邸跡庭園藤田邸跡公園ウィキペディアミライザ大阪城の屋上テラスが営業再開 「地元のお客さんに救われている」2020.06.10https://asano.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2020070729-thumb.jpg?1594885398159

|

2020年7月13日 (月)

ニューノーマル時代におけるデジタル変革とは(№5436)

世界デジタルカンファレンス2020
「ニューノーマル時代におけるデジタル変革とは」を受講しました。
◆新型コロナウイルスにより、これまでのビジネスや生活様式から一変した、ニューノーマル(新常態)時代を迎えています。これは同時に、社会やビジネス、生活に至る隅々にまで、デジタル化が一層浸透していくことも意味しており、こうした時代に対応した新たなデジタル変革が求められています。
◆日時:7月13日(月)10:30~15:40
◆場所:WEBライブ
◆主催:日本経済新聞社
◆協賛:NEC、NTT、富士通
■10:30~11:10基調講演
「ニューノーマル時代のデータ・ドリブン・エコノミー」
東京大学大学院工学系研究科 教授 森川 博之氏
■11:10~11:50講演①
「New Normal時代にむけて ~デジタルシフトの実践~」
NEC 執行役員 デジタルビジネスプラットフォーム 吉崎 敏文氏
■13:00~13:40講演②
「What's IOWN ~IOWNが変える世界~」
NTT 常務執行役員 研究企画部門長 川添 雄彦氏
■13:40~14:20講演③
「Reimagine 企業戦略を再構築 ~ニューノーマル時代への提言~」
富士通 理事 首席エバンジェリスト 兼 エバンジェリスト推進室長
兼 未来共創センター長 中山 五輪男氏
■14:30~15:40パネルディスカッション
「ニューノーマルにおけるDX推進戦略」
<パネリスト>
D4DR 代表取締役社長 藤元 健太郎氏
TOUCH TO GO 代表取締役社長/
JR東日本スタートアップ マネージャー 阿久津 智紀氏
パイオニア モビリティサービスカンパニー
Chief Digital Officer 石戸 亮氏
<モデレーター>
日経クロストレンド/日経トレンディ 発行人 杉本 昭彦氏






 

|

2020年7月12日 (日)

SDGs, デジタル革命で日本再生(№5435)

2020年7月12日(日)日本小集団協会の研究会に参加しました。
◆日 時:7月12日(日)8.50~11.40
◆場 所:ZOOMミーティング
◆テーマ:下記
1)_国際連合プロジェクトサービス機関
2)神戸アジアン食堂バルSALA
3)ムーンショット型研究開発制度の基本的考え方について
4)ムーンショット型研究開発制度の概要及び目標についてoutline
5)「SDGsへの貢献」に認証基準(国連開発局)
6)「中小企業のSDGs経営推進マニュアルに関する調査研究 報告書」
7)「賢いマネーは若者目指す」
8)デジタル革命で日本再生
・デジタル革命で日本再生
・テレワーク普及を阻む壁
・2020.06.01DXの黒子、静かに躍進 建設・小売りもデータ活用
・デジタル政府への道、急げ
・2020.06.18簡単で難しいDX改革
・2020.07.03コロナ後の経営, 見抜く市場
・日本の課題 先送り許すな
9)コロナ禍後の社会変化と期待されるイノベーション像
①今何が起こっているのか
②コロナ禍後の社会はどうなるか
③コロナ禍後の社会に期待されるイノベーション像
202007127320200712752020071277

|

2020年7月11日 (土)

デジタルトランスフォーメーションとは(№5434)

デジタルトランスフォーメーションとは?
デジタルトランスフォーメーション(DX)は2004年にスウェーデン・ウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が提唱した概念です。DXは大きく、社会レベルの定義と企業レベルの定義に分けられます。
■社会レベルでのDXとは「ICTの浸透が人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」ことです。社会・経済システムにAIやIoTなどのICTが導入,活用され、新たな社会・経済システムが誕生するとされています(総務省「平成30年版情報通信白書」)。
■また企業でのDXは「企業が外部エコシステム(顧客・市場)の破壊的な変化に対応しつつ、内部エコシステム(組織、文化、従業員)の変革を牽引しながら、第3のプラットフォーム(ビッグデータ/アナリティクス、ソーシャル技術、クラウド,モビリティーの技術を用いたITプラットフォーム)を利用して、新しい製品やサービス、新しいビジネスモデルを通して,ネットとリアルの両面での顧客エクスペリエンスの変革を図ることで価値を創出し、競争上の優位性を確立すること」とされています(IDC Japan「用語集」)。

|

2020年7月10日 (金)

DXの巧拙が明暗を分けている(№5433)

経営破綻した企業の多くで見られていたのは、デジタル技術で変革を促す、DX投資の遅れだ。▼小売業では、ネット通販の普及が旧来型のビジネスモデルを淘汰する「アマゾン・エフェクト」で体力を弱らせた企業に、新型コロナが直撃。店舗閉鎖を余儀なくされるなか、DX対応が生き抜くカギとなった。
▼小売業でも、DX投資に力を入れてきたウォルマートや、ディスカウントストア大手ターゲットは好調だ。ウォルマートは20年2~4月期の純利益が4%増。4月に2時間以内で宅配するサービスを投入するなど需要を取り込み、ネット売上高が7割増えた。▼ターゲットはデジタル分野を中心に17年から3年間で70億ドルを投資。即日配送できる体制を築くなど、2~4月期のネット売上高は2.4倍に膨らんだ。▼特にウォルマートは、コロナ後に一段と投資を加速させている。7日にはアマゾンの有料会員サービス「プライム」に対抗し、無料即日宅配などを含む年会費98ドルの新サービス「ウォルマート+(プラス)」を7月末から開始すると報じられた。顧客を囲い込み、定額収入を得る狙いで、DXを一段高い次元に移す試みだ。
▼フィットネス業界でもDXが明暗を分けた。5~6月に「ゴールドジム」を運営する米GGIホールディングスなど実店舗型のフィットネスジムが相次ぎ経営破綻。▼一方、新興のオンラインフィットネス、ペロトン・インタラクティブはコロナ禍で支持を集め、5月に有料会員数が100万人を突破した。同社はモニター付きの自転車型トレーニングマシンを開発、月額制でマシンを使ったオンラインレッスンを提供している。
▼コロナ禍で経営破綻したJCペニー、ニーマン・マーカス、ブルックス・ブラザーズ――。共通するのは、創業100年を超える老舗であることだ。▼強固なブランド力を持つがゆえに、変化への対応がおろそかになった側面もある。新型コロナは変化への対応力を軸に企業の選別を一段と進める。日本経済新聞2020年7月10日より

 

|

2020年7月 9日 (木)

経営会議や現場パトロールは内部監査だ!(№5432)

7月9日(木)、中小企業診断士ISO研究会第183回が開催された。

◆日 時:7月9日(木)18.30~20.30
◆場 所:ZOOMオンライン
◆演 題:内部監査が変わらなきゃ!
◆講 師:浅野宗克

アイソス 特集 内部監査が変わらなきゃ!
「内部監査が変わらなきゃ!」(ISOS2019年11月号より)
Part 1
■規格が求める内部監査の適用を考える
事業プロセスとの統合を目指して
   執筆/アイエスオー・ミトベ事務所 代表 三戸部 徹
■9つの事例による内部監査のポイント
1)年度事業計画や経営計画の実施状況確認行為は内部監査ではないのか
2)現場のパトロールや部門長の巡回は内部監査ではないのか
3)経営者や部門長が社員、部下に行うヒアリングの目的は内部監査に該当しないか
4)トップマネジメントが行う地方拠点の巡回の目的は内部監査ではないか
5)難しい仕事の受注に取り組む時の検討プロセスは内部監査ではないか
6)法改正対応や他社に発生した事例などから自社の管理状況を点検する活動
7)事故や不具合が発生した時の原因究明
8)監査役及びコンプライアンス室など専門部署による業務監査
9)教育の有効性の確認を行う場合の道具として活用
■上記の活動は内部監査の要求事項に適合しています。
◇頻度--毎月や一定間隔に行われる定常業務
◇方法--会議体及び実績の監視測定結果としての集計データの確認
◇責任--経営者自身、役員
◇計画要求及び報告--会議議事次第と集計報告
◇監査基準--組織の期首の計画、年度予算、経営計画書、中長期計画など
◇監査範囲--全体業務
◇監査員--経営者及び役員
◇監査報告--議事録及びその後の発行文書、決裁文書類
従って、内部監査を行った証拠としての文書化した情報は会議次第や議事録になります。
■現状の内部監査はどうすれば良いのか
1)提案:内部監査の仕組みを教育の訓練として有効に使う
 社員教育の場という道具としての内部監査
2)監査員の技量が上がると業務の無駄が見えてくる
  成熟した内部監査への進化

20200709iso43

|

2020年7月 8日 (水)

コロナで見えた「優良企業」(№5431)

コロナ禍で「評価」を上げた意外な「優良企業」

コロナ禍で売り上げが落ち込み,自分の商売がどうなるのかまるでわからない。そんな厳しい状況でも「見てはいられない」と社会や社員のために動いた企業がある。彼らを突き動かしたものは何か。決断の舞台裏を取材した。日経ビジネス2020.07.06号より

■CASE1:三幸製菓、
リスク承知で80人大雇用、地方菓子メーカーの心意気

■CASE2:ライフコーポレーション
危機こそ「社員に優しい」、"最強スーパー”の素顔

■CASE3:まるか食品
大切なのは顧客と従業員、"不器用企業”は「群馬の誇り」

■CASE4:城南村田
儲からなくても作り、届ける 俺たちは大田区・町工場軍団

■CASE5:アパホテル
風評気にせず患者受け入れ、「なぜなら天が見ているから」

■CASE6:アイリスオーヤマ
元祖・心意気企業、善行ばかりする電機メーカー

■CASE:ミッキーハウス
子供用マスク、発売前倒し

■CASE:カインズ
雇用の受け皿、3000人規模

■CASE:コロナ
「誇りを持って」とメッセージ

■CASE:帝人グループ
医療用ガウンの不足に対応するため、新規で生産を開始、9月までに2000万枚超を政府に供給する計画だ。

■CASE:明治学院大学
オンライン授業に向けた環境整備のため、学生に一律5万円給付を決定。大学でも、経済支援に乗り出すところが相次ぐ。

|

2020年7月 7日 (火)

内部監査員育成のためのリフレッシュ講座(№5430)

アイソス 特集 内部監査が変わらなきゃ!
「内部監査が変わらなきゃ!」(ISOS2019年11月号より)

Part 3

「内部監査員育成のためのリフレッシュ講座」のご紹介
内部監査の有効活用に向けて
執筆/QMS・EMS・OHSMS・AMS主任審査員 黒田 良弥

はじめに

初めにISO-MS規格は過去の審査や認証活動の反省の上で大きく姿を変えた。しかし、認証活動の実態には、未だ大きな変化が感じられないと言う感想が多方面から聞こえてきます。要因はいろいろ考えられますが、「まずは、内部監査が変わらなきゃ、規格の進化に伴ったISO-MSの有効性向上は、実感できないのではないでしょうか?」

1.JISQ19011の理解

2.内部監査員研修へのニーズや期待

3.内部監査員育成研修会の進め方

 監査時の1つの質問例として、状況の変化やニーズに変化はありませんか? 昔は効果的だったけれども、現状では煩わしくなっている手順はないですか?の問いかけで改善のきっかけを見つけこともできる。過去にトラブルはありましたか? 苦情や要望の状況はどうですか? 逆に褒められたり、表彰受けたり、共感を得たことはないですか?

おわりに

|

2020年7月 6日 (月)

日常業務としての内部監査の有効性(№5429)

アイソス 特集 内部監査が変わらなきゃ!
「内部監査が変わらなきゃ!」(ISOS2019年11月号より)

Part 2

日常業務としての内部監査の有効性
内部監査機能が持続的発展の鍵
執筆/株式会社トーホー 前代表取締役社長 樋口 哲郎

1.組織の概要
 既設の土木・建築構造物の耐震を含む補修・補強工事及び電気設備工事や親会社の維持修繕設備工事を営む総員17名ほどの専門工事会社です。県、市の橋梁、トンネルの耐震補強や補修工事並びに公共建築物の電機設備などの改修工を元請として落札し、協力会社の手を借りて完成させています。

2.内部監査の取組み
 当社のISOの取り組みは極力,業務の実態に合わせ,業務と規格要求が適合するシステムにまとめています。これは導入時の社員の抵抗感を緩和し、普段の業務がうまく回っていれば、それが規格の要求を満たすものであり, ISO運用する上でより規格を理解しやすくするとコンサルタントから指導を受けたからです。

 内部監査について規格では、「頻度,方法、責任感も計画要求事項及び報告を含む監査プログラムの計画、確立、実施及び維持、監査プログラムは、関連するプロセスの重要性、組織に影響を及ぼす変更、及び前回までの監査の結果を考慮に入れなければならない」と規定されていますが、当社では日常業務の中で監査機能を有している会議体や現場品質・環境・安全パトロール(以下現場パトロール)活動を有効に活用し、タイムリーなレビューによる速やかなアウトプットが出来るような監査を想定しました。

 年1回、審査前に準備し、ISO認証の維持だけのための内部監査では有効な運用とは思えず、監査の形骸化も否めません。

具体的には以下のプログラムを実施しています。
(1)管理責任者、経営者の監査
 1)2月の取締役会
 2)4月の幹部会議
 3)5月の取締役会
 4)4四半期ごとの取締役会
(2)製品の品質及び環境活動についての監査
 1)定常業務監査
 2)工事現場監査

3.内部監査の成果
 ISOにおける内部監査が機能するかどうかが運用組織の強化と持続的発展の鍵であると言っても過言ではありません。当社のような小規模組織では経営者の取り組み意欲に関わっており、会議体や現場パトロールでの経営者自らの監査行動が必要と考えています。
 顧客要求事項や法的その他の要求事項を確実に担保し、組織の目標を計画通り達成するため、内部監査機能を有する業務の中で常に「リスクと機会」に向き合い、速やかに修正、是正、予防処置を講じながらマネジメントすることがISO活動の本質ではないかと考えます。

 

|

2020年7月 5日 (日)

在宅勤務定着、ニッポンの壁 主要国で最低水準(№5428)

在宅勤務定着、ニッポンの壁 主要国で最低水準
■新型コロナウイルスの感染拡大への対応で在宅勤務が普及した日本でオフィスへの復帰が目立っている。▼在宅勤務を継続する欧米とは対照的だ。
■オンライン業務が容易な専門職の比率が低いことや、職務の定義があいまいな日本的な雇用環境などが背景にありそうだ。▼世界に比べ見劣りする生産性を高めるためにもこうした壁を取り除くことが不可欠だ。
▼米グーグルによるスマートフォン利用者の位置情報などの分析によると、日本の4月の出勤者はコロナ前(1月から2月上旬の中央値)に比べて21.9%減少したが、緊急事態宣言の解除後の6月には同12.9%減まで出勤者が戻った。▼世界がコロナ禍による雇用危機に直面する中、在宅勤務できる仕事は増えている。英オックスフォード大が、オンラインで仕事が可能な世界の求人数を基に算出する指数(16年5月を100として指数化)は今年5月、過去最高の170台となった。▼ソフトウエア開発、法務や財務など専門職で求人の広がりが鮮明だ。
■少子高齢化が進む中で長期的に仕事の担い手を増やすためにも、こうした在宅勤務しやすい職種へのシフトが必要となりそうだ。【日本経済新聞2020年7月5日】より

 

|

2020年7月 4日 (土)

9つの事例による内部監査のポイント(№5427)

アイソス 特集 内部監査が変わらなきゃ!
「内部監査が変わらなきゃ!」(ISOS2019年11月号より)

 

Part 1
規格が求める内部監査の適用を考える
事業プロセスとの統合を目指して
   執筆/アイエスオー・ミトベ事務所 代表 三戸部 徹

 

9つの事例による内部監査のポイント
1)年度事業計画や経営計画の実施状況確認行為は内部監査ではないのか
2)現場のパトロールは部門長の巡回は内部監査ではないのか
3)経営者や部門長が社員、部下に行うヒアリングの目的は内部監査に該当しないか
4)トップマネジメントが行う地方拠点の巡回の目的は内部監査ではないか
5)難しい仕事の受注に取り組む時の検討プロセスは内部監査ではないか
6)法改正対応や他社に発生した事例などから自社の管理状況を点検する活動
7)事故や不具合が発生した時の原因究明
8)監査役及びコンプライアンス室など専門部署による業務監査
9)教育の有効性の確認を行う場合の道具として活用

 

■現状の内部監査はどうすれば良いのか
1)提案:内部監査の仕組みを教育の訓練として有効に使う
 社員教育の場という道具としての内部監査
2)監査員の技量が上がると業務の無駄が見えてくる
  成熟した内部監査への進化

|

2020年7月 3日 (金)

テスラ時価総額22兆円、トヨタ超え(№5426)

日本経済新聞7月3日によると電気自動車(EV)メーカー、テスラの時価総額が1日、トヨタ自動車を上回り、自動車メーカーで首位になった。▼業界全体が電動化など「CASE」に取り組む中で、株式市場は身軽な専業メーカーの成長力を高く評価している。▼テスラ株は新型コロナウイルスの感染拡大で3月には一度大きく下落した。4月以降再び上昇基調に入り、株価は2019年末に比べて2.7倍になった。▼1日終値ベースの時価総額は2076億ドル(約22兆3000億円)と、同日のトヨタの時価総額(21兆7185億円)を上回った。▼2年前は新型車「モデル3」の量産立ち上げが難航し、資金繰りも不安視された。▼ただ19年には中国・上海市のEV工場を着工から1年足らずで稼働させた。▼19年7~9月期以降は3四半期連続で最終黒字になるなど、メーカーとしての評価を高めている。▼自動車業界は100年に1度の変革期を迎え、トヨタやフォルクスワーゲン(VW)などもEVなどに取り組む。▼しかし「既存事業の規模が大きいだけに事業モデルの転換には時間がかかる」(ナカニシ自動車産業リサーチの中西孝樹代表)との見方から、新興の専業メーカーの評価が高い。

|

2020年7月 2日 (木)

オーソレミオと早春賦(№5425)

歌のレッスンを受けました。
■「オーソレミーオ」
スタートの「Che bella cosa ケ ベッラ コーザ」
▼最終のフレーズ「sta' nfronte a te!」を上手く歌うこと。
■「早春賦」はもっと詩の気持ちを十分に伝わるよう歌うこと。
▼日本語の詩の意味を相手にわかるように歌う
▼情景をよく覚えて、歌詞を見ないで歌えるようにすること。
▼自分が客席にいると思って、話している状態で歌う。
▼よく練習すること
■ O sole mio (オーソレミオ) コルシカ島(Bonifacio)
~早春賦~白鳥英美子~

| | コメント (0)

2020年7月 1日 (水)

香港国家安全法施行、日銀6月短観マイナス34(№5424)

7月1日、中国の習近平国家主席は30日、中国政府が香港の統制を強める「香港国家安全維持法」に署名し、交付した。香港政府は同日午後11時施行した。香港は高度な自治が認められた「一国一制度」が崩壊しかねない歴史的な節目を迎えた。
■日銀が1日発表した6月の全国企業短期経済観測調査(短観)で、大企業製造業の景況感を示す業況判断指数(D1)はマイナス34になった。新型コロナウイルスの感染拡大で世界的に経済活動が停滞している影響がくっきり表れた。
■1日図書館で借りていた5冊のDX及びICTの本を14日まで貸出延長をしていただきました。久しぶりに、梅田の紀伊國屋書店に出かけ、生産性向上、DXの本を購入しました。現状の課題は、本や資料の整理、テーマでは「生産性向上とDX」を8月末発表です。
1)今年中に、大阪市立中央図書館へ500冊寄贈します。
2)「もしものときに困らない、これで安心ノート」に必要な記録を残す。
3)残すべき情報はスキャンしてクラウドへ保管します。
4)昨日の企業とは、次回はMicrosoft Teams でオンライン会議の予定です。
20200702_20200702

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »