« DXの巧拙が明暗を分けている(№5433) | トップページ | SDGs, デジタル革命で日本再生(№5435) »

2020年7月11日 (土)

デジタルトランスフォーメーションとは(№5434)

デジタルトランスフォーメーションとは?
デジタルトランスフォーメーション(DX)は2004年にスウェーデン・ウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が提唱した概念です。DXは大きく、社会レベルの定義と企業レベルの定義に分けられます。
■社会レベルでのDXとは「ICTの浸透が人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」ことです。社会・経済システムにAIやIoTなどのICTが導入,活用され、新たな社会・経済システムが誕生するとされています(総務省「平成30年版情報通信白書」)。
■また企業でのDXは「企業が外部エコシステム(顧客・市場)の破壊的な変化に対応しつつ、内部エコシステム(組織、文化、従業員)の変革を牽引しながら、第3のプラットフォーム(ビッグデータ/アナリティクス、ソーシャル技術、クラウド,モビリティーの技術を用いたITプラットフォーム)を利用して、新しい製品やサービス、新しいビジネスモデルを通して,ネットとリアルの両面での顧客エクスペリエンスの変革を図ることで価値を創出し、競争上の優位性を確立すること」とされています(IDC Japan「用語集」)。

|

« DXの巧拙が明暗を分けている(№5433) | トップページ | SDGs, デジタル革命で日本再生(№5435) »