« コロナ禍後社会を考える(№5451) | トップページ | 働き方改革で残業ゼロ(№5453) »

2020年7月29日 (水)

組織横断のデータ活用基盤導入を成功させるポイント(№5452)

組織横断のデータ活用基盤導入を成功させるポイント
~DXを支える全社プラットフォームを目指して~

▼様々な業界でDXへの取り組みが進む中、経産省による"DXレポート"の発表やDXに対する企業の取り組み状況を計る"DX推進指標"の策定などにより、企業におけるDX推進の更なる加速が求められています。

▼DXレポートでは企業に対して、既存システムのサイロ化・ブラックボックス化を解消し、データをフルに活用することでビジネス競争力を強化する必要があると言及しています。▼ビジネス競争力を強化し、顧客、市場の変化に迅速・柔軟に対応するためには、部門ごとではなく全社的なデータ活用が必要となり、それに向けた全社横断の''データ活用基盤"の導入が多く検討されています。

▼しかしながら、この検討を進める上で、目指すべきシステム構成やどのようなツールが必要かなどに苦慮されているお客様の声も多く耳にします。本セミナーでは、データ活用基盤の考え方や構築する上で検討が必要なポイントを事例を交えてご紹介します。

<このような方にオススメです!>
 ●データ活用基盤の導入を検討する予定がある
 ●データ活用基盤の導入を検討を検討したいが、何から始めたらよいか分からない
 ●データのサイロ化や属人化など自社のデータ活用の問題を解消したい

開催概要
日 時:2020年7月29日(水)16:00~17:00  
会 場:Webセミナー(Zoom開催)
主 催:NEC
演 題:組織横断のデータ活用基盤導入を
    成功させるポイント
▼目次
1.NECデータ活用基盤とは
2.NECデータ活用基盤の事例紹介と成功のポイント
3.連携/格納/分析での検討のポイント
4.NECによるご支援について
5.まとめ

▼本パートでお伝えしたいこと
1)本当に組織横断のデータ活用基盤が必要なのか?
  組織横断のデータ活用基盤の市場動向
2)各企業での検討/導入状況は?
データ活用基盤の事例紹介
3)成功させるためのポイントは?
事例から見る成功ポイント・各領域での検討ポイント

 

|

« コロナ禍後社会を考える(№5451) | トップページ | 働き方改革で残業ゼロ(№5453) »