« 転機を迎える内外政治経済情勢(№5450) | トップページ | 組織横断のデータ活用基盤導入を成功させるポイント(№5452) »

2020年7月28日 (火)

コロナ禍後社会を考える(№5451)

7月28日(火)の夜はオンライン受講しました。
【錢屋塾おおさか講座 ~コロナ禍後社会を考える連続講座】
         
◆日 時:7月28日(火)19.00~21.00
◆会   場:錢屋本舗或はZOOM
◆演   題:コロナ禍後社会を考える第1回
◆講   師:池永寛明先生
      大阪ガス エネルギー・文化研究所顧問
◆内   容:19:00 挨拶
            19:05 池永先生講演
            20:40 質疑応答
            21:00 終了予定
◆第1回の講座は、「コロナ禍後社会を考える基本的視座「総論」」
コロナ禍とは何か。コロナ禍の前の社会はどうだったのか。
コロナ禍が社会に与えるメカニズム、コロナ禍前から後の方向性など
コロナ禍の全体構造を考えていきます。

■今後の講義スケジュール(時間はいずれも19.00~21.00です)
●第2回 8月18日(火)19:00~コロナ禍前の日本を総括する
●第3回 9月 8日(火)19:00~コロナ禍後社会を考える基本構図
●第4回 9月29日(火)19:00コロナ禍後社会におけるビジネスを考える
●第5回 10月20日(火)19:00~コロナ禍後における生活を考える
●第6回 11月10日(火)19:00コロナ禍後における都市・地域を考える
●第7回12月 1日(火)19:00~コロナ禍後社会を考える 「総集編」

 

|

« 転機を迎える内外政治経済情勢(№5450) | トップページ | 組織横断のデータ活用基盤導入を成功させるポイント(№5452) »