« 2020年度の「大商夕学(せきがく)講座」(№5513) | トップページ | 最強のデータ分析組織 なぜ大阪ガスは成功したのか(№5515) »

2020年9月29日 (火)

コロナ禍後社会におけるビジネスを考える(№5514)

コロナ禍後社会を考える連続講座 第4回
「コロナ禍後社会におけるビジネスを考える」

日時:2020年9月29日(火)19.00~21.10
日 時:9月29日(火)19.00~21.10
会 場:銭屋及びZOOM
演 題:コロナ禍後社会におけるビジネスを考える
講 師:池永 寛明 (Hiroaki Ikenaga)氏
   大阪ガス(株)エネルギー・文化研究所の元所長・現顧問

 

「コロナ禍後社会におけるビジネスを考える」
1.これまでの「コロナ禍後社会を考えて」の講座をすこし振り返る
2.コロナ禍の本質を考える
3.コロナ禍でビジネスはどう変わったか
4.昭和の営業の崩壊
5.中間管理職は、いるのか?
6.リアルとバーチャル
7.マニファクチャとエンジニア
■関連WEB:池永寛明氏のフェイスブック

2020092993 2020092902 2020092998 2020092997 2020092999 2020092901

|

« 2020年度の「大商夕学(せきがく)講座」(№5513) | トップページ | 最強のデータ分析組織 なぜ大阪ガスは成功したのか(№5515) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020年度の「大商夕学(せきがく)講座」(№5513) | トップページ | 最強のデータ分析組織 なぜ大阪ガスは成功したのか(№5515) »