« 合同会社(LLC)の設立支援(№5502) | トップページ | アメリカ大統領選の展望(№5504) »

2020年9月18日 (金)

小規模事業者持続化補助金(№5503)

「ハイブリッド研修モデルによる収益向上、改善方法セミナー」を受講しました。
◆日 時:9月18日(金)18.00~19.00
◆場 所:Zoomウエビナー
◆テーマ:収益向上、改善方法セミナー
◆講 師:ソビア社会保険労務士事務所創業者兼顧問
     五味田匡功氏

■令和2年度補正予算 小規模事業者持続化補助金
◆新型コロナウイルスが事業環境に与える影響を乗り越えるために、具体的な対策(Aサプライチェーンの毀損への対応、B非対面型ビジネスモデルへの転換、Cテレワーク環境の整備)に取り組む小規模事業者等が、地域の商工会の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用の2/3を補助します。
◆補助上限額:100万円。
また、通年で受付を行い、複数回の受付締切を設けます。なお、令和元年度補正予算 小規模事業者持続化補助金【一般型】とは、制度等に一部異なる点がございますので、ご注意ください。 なお、応募およびその後の申請手続きにおいては、従来の郵送方式のほか、政府が開発した統一的な補助金申請システム(名称:Jグランツ)による電子申請の利用が可能です。
なお、現在多くの都道府県において緊急事態宣言が解除され、81の業種別ガイドラインが策定されています。
事業再開が本格化することが期待されており、事業継続に関する業界別ガイドライン等に基づいて行う取組への新たな支援を行います。
具体的には、
① 持続化補助金〈コロナ特別枠〉のうち類型B(非対面型ビジネスモデルへの転換)、類型C(テレワーク環境の整備)の
補助率を3/4に引き上げるとともに、
② 新たに定額補助・補助上限50万円の事業再開枠 (業界横断的な感染防止対策)を創設します。

|

« 合同会社(LLC)の設立支援(№5502) | トップページ | アメリカ大統領選の展望(№5504) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 合同会社(LLC)の設立支援(№5502) | トップページ | アメリカ大統領選の展望(№5504) »