« 歌って声帯を鍛える(№5496) | トップページ | 日本小集団協会の9月例会(№5498) »

2020年9月12日 (土)

これからの社会とAI・データサイエンス教育(№5497)

阪南大学「AI・データサイエンス教育研究所」開設記念講演会
「これからの社会とAI・データサイエンス教育」
AI(人工知能・Artificial Intelligence)の深化と普及、IoT(Internet of Things)やデータサイエンスなど高度情報技術の進展による社会や経済の変革、さらに政府のSociety5.0戦略により、社会は急速に変化しつつあります。「①AIとは何か?②AIをどのように役だてるか? ③AI時代に身につけていただきたいこと」。AI・データサイエンスに関する基本的な知識を持っていることが、これからの社会を生き抜くうえで重要になると考えます。
◆日時:9月12日(土)14:00~15:00
◆内容
「これからの社会とAI・データサイエンス教育」
(1)基調講演
    「AI技術の社会実装への取り組みとこれからのAI・データサイエンス教育」
講師  :近藤敏志氏 コニカミノルタ株式会社 AI技術開発部部長
(2)パネルディスカッション
いま求められるAI技術とは?~社会が求めるAI人材育成のために~
司会  :阪南大学AI・データサイエンス教育研究所長 前田利之
パネラー:コニカミノルタ株式会社AI技術開発部部長 近藤敏志氏
     阪南大学長 田上博司氏
     経営情報学部准教授 松田健氏
20200912312020091234

|

« 歌って声帯を鍛える(№5496) | トップページ | 日本小集団協会の9月例会(№5498) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歌って声帯を鍛える(№5496) | トップページ | 日本小集団協会の9月例会(№5498) »