« 2020年9月 | トップページ

2020年10月29日 (木)

スシロー快進撃の奇跡

12月10日(木)に、大阪商工会議所主催の第3回ビジネス講演会で「スシロー快進撃の奇跡」という題で、講師は株式会社あきんどスシロー代表取締役社長 堀江 陽氏。▼回転寿司業界の売り上げトップで快進撃を続けるスシロー。▼堀江社長は1970年生まれの50歳で、生命保険営業マンから2000年にスシローに転身、トラック運転手のアルバイトからトップ(2019年)になられた異色の経歴をお持ちです。
▼スシローは、大阪市阿倍野区にあった「鯛すし」の職人が1980年に1984年に創業されました。▼創業当時から継承されている「うまいすしを、腹一杯。▼うまいすしで、心も一杯」の想いを企業理念に、売上1940億円(2019年度)の好業績を達成されています。
▼堀江社長より、スシローが中小企業から大企業に成長していく中でのご苦労や組織に必要なことなどご自身の体験談を交えて率直に語っていただくのを楽しみです。
■関連WEB:株式会社あきんどスシロー (売上1940億円:2019年9月末) ■関連WEB:くら寿司株式会社の会社案内(売上1325億円:2018年10月末)

 

|

2020年10月28日 (水)

脱炭素社会への挑戦

日経産業新聞フォーラムを受講しました。
「『脱炭素社会への挑戦』脱炭素時代を生き抜く環境経営」
   ~変える企業意識 変えるエネルギーの使い方~
◆日時:10月28日(水)13:00~15:00
◆会場:オンライン開催
◆主催:日本経済新聞社
🔳プログラムPROGRAM
▼13:00~13:30 基調講演
「脱炭素経営による企業価値の向上について」
 環境省 地球環境局地球温暖化対策課 課長 
 小笠原 靖氏
▼13:30~14:00 基調講演
「エレクトロヒートが拓く省エネ・脱炭素イノベーション」
 一般社団法人日本エレクトロヒートセンター
 会長 内山 洋司氏
▼14:00~14:30 プレゼンテーション
「環境経営と経営力強化
 ~先進企業が実践するエネルギー対策とは~」
オムロン フィールドエンジニアリング
エネルギーマネジメント事業本部
  田渕 博史氏
▼14:30~15:00 特別講演
「ソニーの環境への取り組み
~RE100達成への活動事例のご紹介~」
ソニー サステナビリティ推進部 環境グループ
ゼネラルマネジャー 志賀 啓子氏
■菅首相の所信表明演説は「温室ガス2050年ゼロ宣言」、中国政府は2035年をめどに新車販売のすべてを環境対応車にする方向で検討しています。

 

| | コメント (0)

2020年10月27日 (火)

緊急対談「コロナ禍と能」

10月27日(火),緊急対談「コロナ禍と能」をZoomウエブナーで視聴しました。
◆日時:10月27日(火)19.30—21.10
◆場所:山本能楽堂及びZoomオンライン
◆演題:緊急対談「コロナ禍と能」
◆講師:
・公益財団法人山本能楽堂代表理事
・観世流能楽師・
 山本 章弘氏
・大阪ガス エネルギー・文化研究所顧問
池永 寛明氏
◆内容
◆目次
失われつつある力1 ─ 時間軸と地理軸
失われつつある力2 ─ 初心
失われつつある力3 ─ 融合
失われつつある力4 ─ 想像
失われつつある力1 ─ 時間軸と地理軸

■コロナ禍で、650年続いてきた能が果たすべき役割、あるいは、能を現代社会にどのように生かしていくのか。能は物語になっています。そう、能は演劇です。しかも現在でも演じられている、世界で一番古い舞台芸術です。1300年代にできたミュージカル。室町ミュージカルです。
新型コロナウィルスが起こす社会変革。明治維新、戦後以来のリセットだと言われています。
能がお客様に求める想像力。その想像力をどのように取り戻すのか。働き方、暮らし方、学び方、、、、全てが変わる、あるいは変わらざるを得ない日常の中で、650年の歴史の中、様々な社会変動を乗り越えてきた能に何かヒントが隠されているのか、、、考え続けていければと思います。
舞台のうしろの鏡板の「老松」はどの能でも同じ松である。どの演目も背景を変えない。あの老松は不変。観客は能を観るだけでなく、声をはじめ五感・音で観る。むしろ声・音が大事ともいえる。観客は舞台を観て聴いて「想像」した。
2020102736

 

 

|

2020年10月26日 (月)

星のブランコ(吊り橋)

交野の地は、七夕伝説の里であり、星降る里のシンボルという意味合いで、この吊り橋に「星のブランコ」という愛称がつけられました。 星のブランコは、標高180m、全長280m、最大地上高50mの木床版吊り橋で、人道吊り橋としては全国的にも最大級の規模です。吊り橋からは、ほしだ園地の森が眼下に望め、四季折々に美しい姿を見ることができます。スリルを味わいながら空中散歩を楽しんでください。

 

2020102618

星のブランコ(吊り橋)へのアクセス
京阪電車交野線「私市」駅下車。
▼ハイキングコース(生駒縦走、かわぞいの道)をピトンの小屋まで徒歩約40分。
星のブランコへはピトンの小屋からぼうけんの路(急な階段の路)を経て約20分。
その後、緩やかな管理道を更に約5分となります。
▼体力などに自信のない方は「ぼうけんの路」の階段道ではなく「ほしだ園地管理道」をご利用下さい。
■関連WEB:ほしだ園地のマップ 202010072020102603202010261420201011

 

|

2020年10月25日 (日)

新しい農産物流通への挑戦

大商夕学講座の第1回は配信期間が(10/21~10/27)でした。10月25日(日)13.25からYouTubeで受講しました。
日時:10月25日(日)13.25~14.25
演題:「0から100へ ~新しい農産物流通への挑戦~」
講師:及川 智正(おいかわ ともまさ) 氏 
   株式会社農業総合研究所 代表取締役会長CEO
受講:オンライン開催(YouTube配信)
要約:
 学生時代から農業への危機感を覚え、会社員を6年間経験後、農業界へ転身。自分で農業を3年、八百屋を1年実践し、その経験を活かし、2007年に現金50万円で農業総合研究所を設立。起業後10年で取扱高70億円を達成、農業ベンチャー初の上場企業となりました。 多数のメディア出演や講演活動、農林水産省の委員も務める及川氏が、農業のこれまでとこれからを語ります。
■関連WEB:株式会社農業総合研究所 
■関連WEB:注目の西日本ベンチャー100
■関連WEB:『農家の直売所』運営の農業総合研究所が5.6億円を調達 ■関連WEB:『及川智正、出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

|

2020年10月24日 (土)

小売り、無人コンビニなど新業態加速

ミニストップは完全無人の店舗に参入する。扱う商品を菓子や飲料に限定した小型店で、支払いは全てキャッシュレスとする。出店費用を通常のコンビニエンスストアの1%以下に抑え、企業のオフィスの中など1000カ所への早期出店を目指す。これまでも人手不足を機に店舗の見直しが進んできたが、新型コロナウイルスで対応が加速している。
▼日本の小売業で無人店舗が広がり始めた。▼コンビニエンスストア中堅のミニストップは11月から企業のオフィスの中など約1000カ所に、支払いまでを客が自分でする小型店を出す。▼高級スーパーの紀ノ国屋も無人店を展開する。深刻な人手不足に新型コロナウイルスへの対応も重なり、店舗形態の見直しが加速している。▼ミニストップが始める無人店舗は商品棚を2~3つ程度並べた小型店で、広さは3~10平方メートルとオフィスの一画に設置できる。店員は置かずにセルフレジで客が商品のバーコードをスキャンし、ICカードなどキャッシュレスで決済する。(日本経済新聞2020.10.24)
▼アマゾン・ドット・コム:完全無人店(アマゾン・ゴー)を18年から開始
▼中国:無人コンビニ「ビンゴボックス」2017年から展開

|

2020年10月23日 (金)

働き方改革と事業承継を考える(№5537)

日経ⅩTECH EXPO2020
「働き方改革/ニューノーマル(新業態)」

 

特別講演「働き方の大転換を生き抜くには? Slack の提唱する5つのポイント」

 

◆日時:10/23 (金) 10:35 ~ 11:05
演題:働き方の大転換を生き抜くには? Slack の提唱する5つのポイント
講師:Slack Japan日本法人代表
   佐々木 聖治 氏
▼多くの企業が、「ニューノーマル」な働き方に対応するべく、リモートワークの導入や情報共有の仕組み作りを
工夫している中、組織のメンバー全員が連携し、共通認識のもと、目標を達成するためには何が大切なのでしょ
うか。働き方の大転換点を迎えた今、企業が成功するために取り組むべき 5 つのポイントとは?。
▼働き方を取り巻く、あと戻りできない5つの変化
働き方の大転換を生き抜くための5つのポイント
1)オフイスの時代の終焉
2)組織はますますオープンに
3)新しい指標、アジリティ(機敏性)
4)息切れを迎えたアナログ業務
5)優先すべきは企業文化

 

◆日時:10/23 (金) 11:10 ~ 11:40
演題:Workstyleの見える化がもたらす「従業員が求める」働き方改革施策の推進
講師①:PwCコンサルティング
   People Transformation / Director
   鈴木 貞一郎 氏
講師②:PwCコンサルティング
   People Transformation / Manager
   強口 真裕佳 氏
▼COVID-19感染拡大を受け、多くの企業が新しいワークスタイル確立のための多岐に渡る施策をとっている一方で効果が分からず、手探りでの対応となっている企業も多くいます。データに基づく従業員のエンゲージメントやネットワークの見える化と、生産性やエンゲージメントを向上する具体的な施策をPwCの事例とともに解説。

 

◆日時:10/23 (金) 11:45 ~ 12:15
演題:2020年代を勝ちぬく!成果を出し続ける営業組織とは?
講師:ベルフェイス
   セールスグループゼネラルマネージャー
   岩田 恭行 氏
▼激動の変化を強いられている2020年。今後も変化に対応していかなければ、成果を出し続けていくことは難しいです。ではどのような方法があるのか、具体的な事例を用いながらお話します。

 

◆名称 :「今こそ、事業承継を考える~高齢化・コロナ禍をこえて~」
主催 :読売新聞社/後援 中小企業庁・中小機構ほか
日時 :2020年10月23日(金)18:30~20:30
参加方法 :WEBライブ中継
<パネリスト>
・経済アナリスト 森永卓郎氏
・作家  幸田真音氏
・大同生命保険株式会社 代表取締役社長  工藤 稔氏
・一般社団法人ベンチャー型事業承継 代表理事  山野千枝氏
・株式会社ヒロハマ 代表取締役会長・
 中小企業家同友会全国協議会 会長  広浜泰久氏
・読売新聞東京本社 調査研究本部主任研究員  高橋 徹
<司会>
・NHK日本語センター専門委員  石井麻由子氏
■関連WEB:ベルフェイス 営業特化のオンライン機能とレコログ(録画録音)機能で
商談数を増やしながら受注率を向上

 

■関連WEB:2020年米大統領選後の事業環境 ―米国のビジネスリーダーは何を見据えているか― ■関連WEB:企業の生産性を向上させ、多様で柔軟な働き方を実現するための在宅勤務ガイダンス ■関連WEB:デジタル時代の自動車販売と顧客体験
-

| | コメント (0)

2020年10月22日 (木)

ビジネスツール(№5536)

技術向上研究会
日 時:10月22日(木)18.30--20.30
会 場:マイドームおおさか7階&ZOOM
テーマ:「ビジネスツール」
発表者:二階堂会員
要 旨:顧客創造や診断士の活動に有効なデジタルツールの紹介
1)Google Chrome
2)Google スライド
3)LINE公式アカウント
4)YouTube、
5)Zoom
6)GoogleTrend
7)「アマゾン売れ筋ランキング」「アマゾン欲しいものランキング」
8)「楽天サーチ・価格帯調査」「楽天キーワードランキング」
9)「Yahoo急上昇ランキング」
■関連WEB:グーグルクロームのインストール手順と使い方をはじめから解説 ■関連WEB:2020年Googleの使い方・初心者入門【完全版】

|

2020年10月21日 (水)

中国ビジネスセミナー「最新ビジネス動向」(№5536)

中国ビジネスセミナー「最新ビジネス動向」

◆日 時:10月21日(水) 15:30~17:00
◆場 所:Webセミナー
◆演 題①:私が見た中国ビジネス
      ~元商社マンの視点から~
◆講 師①:大阪商工会議所中国ビジネス支援室
      アドバイザー 井上 邦久氏
◆演 題②:中国最新ビジネス動向
      ~これからの中国市場を見据えて~
◆講 師②:金社法律事務所パートナー弁護士
      陳青東氏 
◆主 催:大阪商工会議所

|

2020年10月20日 (火)

コロナ禍後社会における生活を考える(№5535)

コロナ禍後社会を考える連続講座 第5回
「コロナ禍後社会における生活を考える」

日 時:10月20日(火)19.00~21.10
会 場:銭屋及びZOOM
演 題:コロナ禍後社会における生活を考える
講 師:池永 寛明 (Hiroaki Ikenaga)氏
   大阪ガス(株)エネルギー・文

◆これまでの講座のふり返り---50年前とDX
・キーワード1:家族×コロナ
・キーワード2:高齢・少子×コロナ
・キーワード3:意味わからん訳わからん×コロナ
・キーワード4:うるさいめどくさい×コロナ
・キーワード5:書き言葉・話し言葉×コロナ

202010201 2020102098 20201020

| | コメント (0)

2020年10月19日 (月)

インタビュー式営業術(№5534)

顧客を動かす! インタビュー式営業術
竹林 篤実/著∥ビジパブ∥2009.1∥

内容紹介
無理やりな「売り込み」から、顧客が喜ぶ「聴き込み」へ。結果が出て仕事が楽しくなるインタビュー式営業術を公開。「聴く営業」を実践する超高収益企業キーエンスの事例も紹介する。
インタビュー式営業術とは、①相手についてじっくりと調べ、②仮説を組み立ててインタビューを行い、③相手の現状を適確に把握し、④そこから予想される将来問題を相手と共有し、⑤その問題解決をあなたができることを示す。

要旨
決して売り込まない。顧客の話をじっくり「聴く」。インタビューで営業に革命が起きる。
1章 インタビュー式営業術を実践する企業;2章 営業とはインタビューである;3章 インタビュー式営業術のメリット;4章 インタビュー式営業術の進め方;5章 インタビュー式営業術を進めるためのテクニッ;6章 インタビュー式営業術の極意
20201021

 

|

2020年10月18日 (日)

統計の日(№5533)

10月18日(日)11℃、晴れ、「統計の日」です。
勘や経験や度胸ではなく、ビッグデータを分析することで、経営戦略やマーケティング戦略の立案、新商品・新サービスの開発などで大きな成果,高収益を上げている企業の事例をまとめています。

|

2020年10月17日 (土)

美味しい日本料理(№5532)

お食事にお招きいただき、ありがとうございました。久しぶりに美味しい日本料理を楽しませていただきました。素晴らしいお食事だけでなく、コロナ禍の中、活躍するあまり知られていない分野の話をお聞きすることができ、本当に楽しい時間を過ごせました。重ねて御礼申し上げます。風が冷たく感じる季節になってまいりましたので、どうぞお体にお気をつけてお過ごしくださいませ。
■関連WEB:鶴林よしだ

2020101766 2020101765

|

2020年10月16日 (金)

秋が深まってきました(№5531)

10月16日(金)秋が深まってきました。
昨日、住民投票を済ませ、出口でNHKの出口調査に応じました。
昨夜18.30~20.30は桑蓬会第404回例会で、
テーマ:「DX・『データ経営』のススメ
    ~新しいビジネスモデルを描け~」でZOOMにて発表させていただきました。
最初、Zoomの画面共有でもたつきスタートが遅れ、皆さんには迷惑をかけました。本日準備した資料類をまとめて反省文と共に製本にしてもらいます。■次はさいまた、京都の企業のDX支援の日程調整です。
■11月27日の歌の特別レッスンを目指し練習に励みます。特別レッスンには東京の先生がいらっしゃいます。
Torna a Surriento(帰れソレントへのナポリ語)
滝廉太郎「秋の月」の2曲です。

|

2020年10月15日 (木)

DX・『データ経営』のススメ(№5530)

10月15日(木)桑蓬会 第404回例会で発表しました。

◆日 時:10月15日(木)18.30~20.30
◆場 所:ZOOM
◆テーマ:「DX・『データ経営』のススメ
   ~新しいビジネスモデルを描け~」
◆発表者:浅野宗克
◆目 次:
1.7割経済下の生産性の向上策は?
2.社長のデジタル思考とツール
3.日本のIT化の遅れ
4.DX(デジタルトランスフォメーション)とは
5.DXの進め方
6.DX事例の紹介
7.データドリブンとは、データドリブンの進め方
8.経営者の確固たる意志が重要

|

2020年10月14日 (水)

DXの真髄 日本企業が変革すべき21の習慣病(№5529)

DXの真髄 日本企業が変革すべき21の習慣病 
共著、安部 慶喜(アビームコンサルティング株式会社)、
柳 剛洋(アビームコンサルティング株式会社)
出版| 2020/10/15

CXOが語る企業変革の軌跡
なぜ日本企業のDXはうまくいかないのか

コロナ禍の経験を通して、デジタル・トランスフォーメーション(DX)を推進している企業の優位性が明らかになった。3密を避けた状況下でも、いつも通りにビジネスを進められる企業へと、既にトランスフォーメーション(変革)していたからだ。

だが日本企業のDXは、海外企業に比べ、総じて遅れている。IT(情報技術)活用のレベルが低いわけではなく、新規事業アイデアが無いわけでもないが、日本企業はとにかく「変革が苦手」なためにDXがうまくいっていない。

なぜ日本企業は変革できないのか。それは日本企業が無敵だったバブル期までの成功体験をいまだに引きずっており、この古い仕組みや企業文化が新しい時代への適応を阻む「習慣病」となって社内にはびこっているからだ。

DXの成否を分けるのは、実はデジタル技術の活用方法ではなく、この習慣病の克服とその先にある企業変革にある。業務・組織・ITにはびこる習慣病にスポットを当て、変革を遂げた6社のCxOインタビューや豊富な事例を通して、DXを成功に導くための道を解説する。

【主な内容】
第1章   「変われない日本企業」のDXの実態
第2章   「業務」の習慣病
第3章   「組織・人」の習慣病
第4章   「IT・新技術」の習慣病
第5章   変革を遂げた先進6社の取り組み
第6章   DXを成功に導くカギとは
20201019dx-211

 

| | コメント (0)

2020年10月13日 (火)

高収益を支えるデータ活用とは?(№5528)

10月13日(火)
テーマ:キーエンスの高収益を支えるデータ活用とは?
日 時:10月13 日(火)13.30~14.30
場 所:オンライン
内 容:
◆歴史:キーエンス社内に、データ活用を定着させるため、
    どのような取組みをしてきたか?
    3+1の壁とは? 学びは?
    「現場部門の壁」を破るために
    一緒に分析を進める
    分析を自分ごとに感じてもらう  
◆現在:キーエンスのデータ活用における
    最新の取組みは?
    施策につながる「処方的分析」にフォーカス

 

◆データの質や量が増えるにつれ、特にビジネス部門においてデータを扱う難しさが増していきます。ビジネス部門のユーザが,データを用いてより良い施策につなげていくにはどうすれば良いか、社内での活用を通じ見えてきたのは、仮説を多く作り出し、ビジネス課題との関係性を明示すること。そうすることによって、実際の施策(打ち手)がデータから見つかるようになりました。KIは、そんなキーエンス社内での活用経験をもとに作られた、ビジネスユーザーがプログラムなしでデータからビジネス課題を課題の因果を発見し、施策を見つけられるソフトウェアです。

 

テーマ:「ミスミが提案するDXソリューション「meviy」(メヴィー)」
日 時:10月13 日(火)16.00~17.00
講 師:株式会社ミスミグループ 本社常務執行役員
   3D2M企業体社長  吉田光伸氏
主 催:新産業創造研究機構NIRO

 

|

2020年10月12日 (月)

デジタル・トランスフォーメーションとモノのサービス化(№5527)

ものづくり企業が目指すべきデジタル・トランスフォーメーションを視聴しました。

日時:10月12日 15:00~17.00
場所:オンライン
演題:ものづくり企業が目指すべきデジタル・トランスフォーメーション
   ~デジタル・トランスフォーメーションとモノのサービス化~
講師:ネットコマース株式会社 
   代表取締役 斎藤 昌義氏
主催:主 催:新産業創造研究機構NIRO

関連WEB:ネットコマース株式会社

関連WEB:【図解】コレ1枚でわかる最新ITトレンド[新装改訂3版]

20201012

|

2020年10月11日 (日)

北大江たそがれコンサート(№5526)

北大江たそがれコンサートweekが終わりました。2020年10/3(sat)-10/9(fri)、今年はコロナウイルスの影響で特別プログラムとなりましたが、各所でサロンコンサート、配信ライブ、ゲリラライブなど開催されました。期間中の公演の動画や写真などはfacebook、twitter、instagram、youtubeなどにもアップされています。
■関連WEB:北大江たそがれコンサートyoutube ■関連WEB:北大江たそがれコンサートfacebook、
202010031

|

2020年10月10日 (土)

コロナ危機の経済政策(№5525)

第1074回 武藤記念講座
「コロナ危機の経済政策」

日 時:10月10日(土)13.30~15.30
会 場:国民会館12階 武藤記念ホール
演 題:「コロナ危機の経済政策」
講 師:東京財団政策研究所 研究主幹
    慶應義塾大学経済学部客員教授  
    小林 慶一郎氏 
内容:
◆SIRモデル(感染症の流行プロセスを説明する基本的な数理モデル)のシミュレーション
◆積極的感染防止戦略によるーー検査・調査・待機療養によって感染拡大防止
◆医療提供体制についての課題
◆医療提供体制についての改革案
◆産業構造の変化
◆コロナ危機の長期化=事業構造改革と産業構造改革の問題
◆バランスシート問題研究会提言
 -事業構造改革の加速による成長実現戦略
◆社会保障制度の変化
◆世界的な財政政策協調の必要性
■関連WEB:SIRモデルとSEIRモデルによる感染症シミュレーション
■関連WEB:【政策提言】積極的感染防止戦略による経済社会活動の正常化を

■関連WEB:コロナ危機下のバランスシート問題研究会提言

-事業構造改革の加速による成長実現戦略 20201010642020101066

 

|

2020年10月 9日 (金)

高収益を支えるデータ活用とは(№5524)

10月9日(金)雨、時々強い風です。少人数ですが、いつもの大阪城天守閣前のラジオ体操会が始まっています。
▼今日は10時から16時40分までビジネスリーダーズ・カンファレンス(オンライン)を視聴します。
14.30--15.00は「キーエンスの高収益を支えるデータ活用とは?」でした。
▼15時からは歌のレッスン、次の2曲をご指導いただきました。。
・Torna a Sorrento (帰れソレントへ) 、滝廉太郎「秋の月」
20201009412020100951

|

2020年10月 8日 (木)

経営ツールとしてのISO活用方法(№5523)

第186回 ISO研究会(登録研究会)
◆日 時:10月8日(木)18:30 ~ 20:30
◆会 場:ZOOM
◆発表者:会員・加藤慎介氏
◆テーマ:中小企業診断士が知っておきたい経営ツールとしてのISO活用方法
◆レジメ:
 目次
 ・1)ISO9001:2015年版とは
 ・2)なぜ「経営に役立つISO」なのか
 ・3)コンサルティングの手順として
 ・4)こんなことはありませんか
202010082120201008

|

2020年10月 7日 (水)

超簡易版BCP『これだけは!』シート(№5522)

10/7 午後は大商工会議所北支部のオンラインセミナー
「淀川氾濫・大地震・コロナ感染対策」を受講しました。

◆日時:10月7日(水) 14:00~16:00

◆場所:Zoomウェビナー

◆タイトル:「淀川氾濫・大地震・コロナ感染対策」オンラインセミナー

◆開催内容:(1)行政の取組みについて
        淀川区役所、東淀川区役所

      (2)自然災害・感染症対策について
        東京海上日動火災保険株式会社 
        公務開発部課長代理 
        新谷松 真美 氏(あらやまつ まみ)氏

◆主催:大商工会議所北支部

◆共催:東京海上日動火災保険

■大阪府の「超簡易版BCP『これだけは!』シート」の記入方法の説明をとてもわかりやすく説明され良かった。
■関連WEB:【大阪府商工労働部】「超簡易版BCP『これだけは!』シート」策定方法動画

 

|

2020年10月 6日 (火)

90歳まで働く(№5521)

10月6日(火)今朝の気温は17℃、下りました。
田原総一朗さんは著書「90歳まで働く」のなかでご自分のマンションの5階までエレベーターを使わずに階段で上がっておられるそうです。階段健康法が手軽ですね。

DX=(デジタル化+見える化)×データドリブン=判断し行動する

20201005-90

 

 

|

2020年10月 5日 (月)

NRI未来創発フォーラム2020(№5520)

5日(月)13.30~16.00開催の野村総合研究所、「NRI未来創発フォーラム2020」がZOMMのID,パスワードの入力のもたつきの不手際でロックされてしまい視聴できず残念でした。
特別講演はニューヨーク大学スターンビジネススクール教授アルン・スンドララジャン氏(Arun Sundararajan)でした。
また特別対談はアルン・スンドララジャン氏と世界経済フォーラム日本代表の江田麻季子 氏でした。
同じミスをおかさないために、図書「Zoom120%活用術」を購入しました。

 

|

2020年10月 4日 (日)

上町台地 今昔フォーラム(№5519)

10月4日(日)午後、会場(うえほんまち錢屋ホール)とオンライン(Zoom)
新型コロナウイルス禍を生きる今、私たちは未来に何をリレーすることができるでしょうか。「上町台地 今昔タイムズ」vol.13 では、博覧会百年の計を背景に、近代都市・大阪の揺籃期、激変する社会の中で新たな時代精神を切り拓いた若き才能たちに着目。モダン大阪の新星たちは、まさに災禍と祝祭の坩堝を生き、新たな思想や技術を受け入れ、カオスの中から時代を先駆ける文化を生み出していたのです。彼らは今、何を語ってくれるでしょうか。その神髄に分け入るトークを経て、地域のレジリエンスを支え、コロナ禍の先を見据え、今を生きる声を集め、ポストコロナの真“レガシー”とは何なのか、足元から問い直す出会いの場「上町台地 今昔フォーラム」でした。

【テーマ】
  大阪の原点・上町台地から、ポストコロナの真の“レガシー”に迫る
  災禍と祝祭を生きたモダン大阪の新星たちは、今、何を語ってくれるだろうか

【日時】2020年10月4日(日) 14:00~17:15頃 ※受付は13:30から
【会場/オンライン】うえほんまち錢屋ホールとZoom(オンライン会議システム)
【内容】                   
◆プロローグ「エピソード年表でたどる、災禍と祝祭を生きた新星たちの点と線」
構成:大阪ガスCEL/U-CoRoプロジェクト・ワーキング

◆イマジン・トーク その1
「“エコール・ド・大阪”ともいうべき時代精神とアーティストが果たした役割」
プレゼンター:橋爪節也(大阪大学総合学術博物館教授/大学院文学研究科教授兼任)
◆イマジン・トーク その2
「災禍と祝祭を生きた新星たちとの出会いから、ポストコロナの真の“レガシー”とは何なのかに迫る」
プレゼンター兼コメンテーター: 池田真優(現代アーティスト)、橋爪節也(前掲)
オンサイト・コメンテーター(録画もしくはオンラインで現場から):
 上田假奈代(詩人、NPO法人ココルーム代表)、
 小谷真功(高津宮宮司)
 岸村 修(ももに広場管理運営会会長)、
 吉岡 徹(NPO法人出発のなかまの会理事、松野農園運営)
 吉見孝信(北大江地区まちづくり実行委員会委員長)、
 三木啓正(都市空間企画研究所代表)、
 宮野順子(中大江学童保育保護者会会長、武庫川女子大学准教授)ほか
モデレーター: 池永寛明(大阪ガス エネルギー・文化研究所 顧問、ナレッジキャピタル大阪・関西万博会議~ワイガヤサロン~座長)
【主 催】:大阪ガスエネルギー・文化研究所(CEL)
【企 画】:U-CoRoプロジェクト・ワーキング
【協 力】:株式会社錢屋本舗

2020100463 2020100467

 

|

2020年10月 3日 (土)

データ分析ソフトウェア(№5518)

キーエンスのKIシリーズはキーエンスにおける「データ活用のノウハウ」を具現化した、ビジネスユーザ向けの実践的データ分析ソフトウェアです。現在、企業では様々なデータを保有しています。例えば営業やマーケティングの現場では、お客様のマスターデータや売上データに加え、ウェブサイトのアクセスログや過去の販売施策のデータ、営業活動の記録など多くのデータがあります。これらを企業のビジネス課題の解決や改善に上手く使用できれば、より精度の高い意思決定や施策に繋がることが期待できます。一方で、データを有効に活用し、具体的な施策やアクションにつなげられている企業は多くありません。
キーエンスでは従来から、企業活動をデータで科学的に捉え、合理的な判断を行なう事を心掛けてきました。しかし、データの質や量が増えるにつれ、特にビジネス部門においてデータを扱う難しさは増してきています。
▼ビジネス部門のユーザーが、データを用いより良い施策につなげていくにはどうすればよいか。社内での活用を通じ、見えてきたのは、仮説を多く作り出し、ビジネス課題との因果を明示すること。そうすることによって、実際の施策(打ち手)がデータから見つかるようになりました。KIシリーズはそんなキーエンス社内での活用経験を元に、ビジネスユーザーがプログラムなしでデータからビジネス課題の因果を発見し、施策を見つけられるソフトウェアです。

 

■データで見るキーエンス
◆営業利益率:50.3%
◆過去25年間の平均成長率:10%超
◆世界で最も
革新的な企業TOP100:8年連続
◆過去10年間の
海外事業の平均成長率:20%超
◆平均年収は2088万円
(平均年齢35.9歳、Yahoo!ファイナンスによる)。
三菱商事(1540万円、平均年齢42.7歳)
伊藤忠商事(1460万円、平均年齢41.6歳)。

 

◆キーエンスのWEBマーケティングが強い
・自社メディアに掲載されるホワイトペーパーの質量
 オンラインの集客チャネルの7割が自社メディアです。
・ホワイトペーパーの生産体制
 毎月8事業部がお客様からの要望を、販促に上げる。その要望のなかから「商品化すべきもの」「技術資料にすべきもの」を事業推進部がジャッジし、技術資料にすべきものは毎月資料を作るという流れになっている。ホワイトペーパーはお客様が知りたいことを掲載するスタンスで作っているということ。
・巨大な会員数を誇るメルマガの規模
 会員数は相当規模。週2回。
 共通メルマガ、パーソナライズメールが送られてくる。会員のアクティビティデータ(閲覧数、問合せ内容、開封率)などで、各会員をスコアリングし、
 ●共通メルマガの順番はスコアリングで並び替え
 ●パーソナライズメールはスコアリングで個別化
をしているのです。
 ・メルマガのコンテンツの質が圧倒的に高い
  中身を全社販促メルマガチームがチェックをし、校閲編集をしたうえで配信という流れになっています。
  お客様の知りたいことを営業が引き上げコンテンツにして流通させることを組織で徹底的にやっているのがキーエンスの凄まじさです。

|

2020年10月 2日 (金)

IoTリーンスタート!WEBセミナー第4弾!(№5517)

2020/10/02(金)
午前は玉造の眼科へ。往復徒歩19116歩。

◆IoTリーンスタート!WEBセミナー第4弾!「実はカンタン!イノベーションの本質はチャレンジ!」
大阪府IoT推進ラボ事業IoT診断IoTマッチングセミナー情報
|IoT/DX|大阪府AI・IoT推進コンソーシアム |IoT相談|

◆ものづくりの世界はIoTやAI、ロボットなどの要素技術の開発・活用から、企業や経営のありかたを変える、DX(デジタルトランスフォーメーション)にシフトしつつあります。
 第4弾となる、今回のウェブセミナーでは、iPadを活用して、社員になじみやすいカタチでIoTを導入した中辻金型工業株式会社と、大阪府の支援事業のフレームと助成金を活用し、ロボット導入に至った日光化成株式会社の挑戦事例を紹介します。
 「IoT診断」や「IoTマッチング」、「ものづくりイノベーション助成金」など、大阪府の支援策も紹介していただきました。

◆日時:令和2年10月2日(金)15.00~16.30
◆会場:ZOOM
■主なプログラム
 ◆助成金活用でロボット導入!新分野開拓に成功!
   日光化成株式会社 取締役執行役員 勝部 尚秀 氏
 ◆工場内の課題をiPadで一挙解決!
   中辻金型工業株式会社 代表取締役 中辻 隆 氏
 ◆小さく始めるIoT!からDXへ!案外「使える」公的支援
   大阪府中小企業支援室
■主催:大阪府IoT推進ラボ
    構成プレイヤー:大阪府、東大阪市、大阪産業技術研究所、大阪商工会議所、大阪産業局,大阪府中小企業診断協会 関西電子情報産業協同組合(KEIS)りそな銀行、関西みらい銀行、みなと銀行, 東大阪市産業創造勤労者支援機構
◆協力:MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪)、大阪人材確保推進会議
    中辻金型工業株式会社、日光化成株式会社
20201002iot2020100230

|

2020年10月 1日 (木)

データドリブン(Data Driven)とは(№5516)

企業の経営において、データの収集と活用の重要性は理解しているものの、それを積極的に活用できている企業は、現状、極少数に留まっているのが実情である。ITはビジネスの在り方に大きな変革をもたらしたものの、それは従来の業務プロセスをベースにした効率やコストの改善の範囲内に留まっている。
■データドリブン(Data Driven)とは、経験や勘などではなく、様々な種類と膨大な量の情報を蓄積するビックデータとアルゴリムによって処理された分析結果を基に、企業運営の意識決定や課題解決などを行う次世代型の業務プロセスである。
■データドリブンの3つの柱
●データの収集
経営の意思決定に必要なデータをビックデータとして蓄積する。
●データの分析
ビックデータに蓄積した定量的なデータの時間的変化や他のデータとの関連性などをアルゴリズムにて計算する。ランキング(順位)、最大値、最小値といった定量的なデータ、視覚的に理解できるグラフや図といった定性的なデータを分析結果として導き出す。
●意思決定
データの分析結果を元に具体的な施策や対策、結論などを決定する。分析結果ではいくつかの選択肢が抽出され、このプロセスでは、アルゴリズムやAIなどでは判断が難しい内容をトレードオフなどで判断する。
■企業が経営でデータドリブンを実践するプロセス
●プロセス(1):テーマの模索
●プロセス(2):蓄積すべきデータ項目を決める
●プロセス(3):蓄積したデータを分析する
●プロセス(4):分析結果から取るべき行動を選択する。
●プロセス(5):意思決定に従って行動を実践に移す。

|

« 2020年9月 | トップページ