« ビジネスツール(№5536) | トップページ | 小売り、無人コンビニなど新業態加速 »

2020年10月23日 (金)

働き方改革と事業承継を考える(№5537)

日経ⅩTECH EXPO2020
「働き方改革/ニューノーマル(新業態)」

 

特別講演「働き方の大転換を生き抜くには? Slack の提唱する5つのポイント」

 

◆日時:10/23 (金) 10:35 ~ 11:05
演題:働き方の大転換を生き抜くには? Slack の提唱する5つのポイント
講師:Slack Japan日本法人代表
   佐々木 聖治 氏
▼多くの企業が、「ニューノーマル」な働き方に対応するべく、リモートワークの導入や情報共有の仕組み作りを
工夫している中、組織のメンバー全員が連携し、共通認識のもと、目標を達成するためには何が大切なのでしょ
うか。働き方の大転換点を迎えた今、企業が成功するために取り組むべき 5 つのポイントとは?。
▼働き方を取り巻く、あと戻りできない5つの変化
働き方の大転換を生き抜くための5つのポイント
1)オフイスの時代の終焉
2)組織はますますオープンに
3)新しい指標、アジリティ(機敏性)
4)息切れを迎えたアナログ業務
5)優先すべきは企業文化

 

◆日時:10/23 (金) 11:10 ~ 11:40
演題:Workstyleの見える化がもたらす「従業員が求める」働き方改革施策の推進
講師①:PwCコンサルティング
   People Transformation / Director
   鈴木 貞一郎 氏
講師②:PwCコンサルティング
   People Transformation / Manager
   強口 真裕佳 氏
▼COVID-19感染拡大を受け、多くの企業が新しいワークスタイル確立のための多岐に渡る施策をとっている一方で効果が分からず、手探りでの対応となっている企業も多くいます。データに基づく従業員のエンゲージメントやネットワークの見える化と、生産性やエンゲージメントを向上する具体的な施策をPwCの事例とともに解説。

 

◆日時:10/23 (金) 11:45 ~ 12:15
演題:2020年代を勝ちぬく!成果を出し続ける営業組織とは?
講師:ベルフェイス
   セールスグループゼネラルマネージャー
   岩田 恭行 氏
▼激動の変化を強いられている2020年。今後も変化に対応していかなければ、成果を出し続けていくことは難しいです。ではどのような方法があるのか、具体的な事例を用いながらお話します。

 

◆名称 :「今こそ、事業承継を考える~高齢化・コロナ禍をこえて~」
主催 :読売新聞社/後援 中小企業庁・中小機構ほか
日時 :2020年10月23日(金)18:30~20:30
参加方法 :WEBライブ中継
<パネリスト>
・経済アナリスト 森永卓郎氏
・作家  幸田真音氏
・大同生命保険株式会社 代表取締役社長  工藤 稔氏
・一般社団法人ベンチャー型事業承継 代表理事  山野千枝氏
・株式会社ヒロハマ 代表取締役会長・
 中小企業家同友会全国協議会 会長  広浜泰久氏
・読売新聞東京本社 調査研究本部主任研究員  高橋 徹
<司会>
・NHK日本語センター専門委員  石井麻由子氏
■関連WEB:ベルフェイス 営業特化のオンライン機能とレコログ(録画録音)機能で
商談数を増やしながら受注率を向上

 

■関連WEB:2020年米大統領選後の事業環境 ―米国のビジネスリーダーは何を見据えているか― ■関連WEB:企業の生産性を向上させ、多様で柔軟な働き方を実現するための在宅勤務ガイダンス ■関連WEB:デジタル時代の自動車販売と顧客体験
-

|

« ビジネスツール(№5536) | トップページ | 小売り、無人コンビニなど新業態加速 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビジネスツール(№5536) | トップページ | 小売り、無人コンビニなど新業態加速 »