2019年5月12日 (日)

今こそ「日報」の見直しを(№5012)

組織力を最大化するアナログ経営, 今こそ「日報」

 

多くの会社が
何となく続けている日報。
社員は内心、面倒くさい
と思いながら嫌々と書き、
社長も幹部も
ろくすっぽ読んでいない----。

 

それではもったいない!
惰性で続けるくらいなら、
いっそやめたほうが
時間の節約と言うもの。

 

しかし,何のための日報なのか。
目的を明確にし本気で取り組めば、
多くの経営の悩みは、
実は日報で解決する。

 

日報は、社員の定着率を上げる。
日報は、利益を上げる会社の土台。
日報は、あなたのビジネスチャンスを
探すツールにもなる。

 

この特集では日報の使い方を考える。
「気乗りしない社員に
書かせるコツ」も満載。

 

▼日報を定着させる5つのコツ
1)フィードバックはマスト
2)日報の目的や書き方を丁寧に説明
3)一気に導入しようとしない
4)褒めて、褒めて、褒める
5)長期戦を覚悟
日経トップリーダー 2019.4号より

| | コメント (0)

2009年12月 6日 (日)

フードスライサー

魚や肉、野菜などのカット食品を作り出すフードスライサーのリーデイングカンパニー。大阪府枚方市の「吉泉産業」がルソンの壷で紹介されました。元気な企業ですね。
■関連WEB:吉泉産業
■16時から新大阪のがんこ寿司で、JICCAのコンサルタントの忘年会でした。

| | コメント (0)