2018年5月 6日 (日)

データ駆動型社会に,ISO/IEC 27,001をいかに効果的に活用するか

デジタルトランスフォーメーション(Digital transformation)といった世の中のありとあらゆる情報がIoT等で集積され、ビックデータ解析やAIの活用によって、新たなのニーズを発見し、それに応える革新的なビジネスモデルを創造する時代に,ISO/IEC 27,001をいかに効果的に活用するかを考えよう!

デジタルトランスインフォメーションとは「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念である。「実社会とサイバー空間との相互関連であるCPSが、社会のあらゆる領域に実装され、大きな社会的価値を生み出していく社会こそがこれからの目指すべき情報化社会であり、こうしたCPSによるデータ駆動型社会をわが国が世界に先駆けて実現していくことが、新たな情報革命によって激化する国際競争において、わが国経済が競争力を保っていく上で重要である」と経済産業省産業構造審議会が公表した。

ここでいうCPSとは、Cyber Physical Systemのことで、デジタルデータの収集、蓄積、解析、解析結果の実世界へのフィードバックという実世界とサイバー空間との相互関連のことである。ドイツにおいて提唱される第4次産業革命(industry4.0)の概念にも同様な考え方が製造プロセスにおいて取り組まれている。また、データ駆動型社会とは、CPSがIoTによるモノのデジタル化ネットワーク化によって様々な産業社会に適応され、デジタル化されたデータがインテリジェンスへと変換され現実世界に適用されることによって、付加価値を獲得し、現実世界を動かす社会のことである(経済産業省 産業構造審議会 商務流通情報分科会情報経済小委員会 中間取りまとめ より抜粋)。アイソスNo.244 20183月号 P.73-74

| | コメント (0)

2018年4月23日 (月)

品質及び環境の内部監査員養成研修

4月23日(月)~24日(火)東大阪の企業で品質及び環境の内部監査員養成研修の講師を担当しました。20180412222

2018042300_22018042399_3

| | コメント (0)

2018年4月19日 (木)

リスクベースの考え方の導入(No.4625)

桑蓬会 例会 第381回の研究会
 
 ○開催日時:2018年4月19日(木)
 ○発表者 :仲谷 修次 氏
 〇テーマ :『ISOの状況について』
仲谷さんはISO関係の第一人者として全国を東奔西走され、
クライアントから絶大な信頼を得ておられます。
その豊富な経験からのお話は、経営指導へのヒントや気づき
をいただきました。
 
■品質マネジメントシステムの未来は何か?
 →リスクベースの問題解決
■先が見えない状況下での将来のビジネス運用の鍵は何か?
 →リスクベースの意思決定
2018041917201804191920180419182018041915

| | コメント (0)

2018年4月16日 (月)

施工現場の品質マネジメント(No.4622)

月刊アイソス2018年5月号 (2018年04月10日発売)の目次です。
特集は
施工現場の品質マネジメントをISO 9001: 2015で考える
付録 施工品質マニュアル(全文)
執筆/ISO規格を経営改革に翻訳する
          中小企業診断士 竹田 将文
連載
■Viewpoint
リレー連載 第74回 Viewpoint this month
世界で普及するリーンシックスシグマ(Lean Six Sigma)
成果が明確に見える化できる国際共通言語
■品質(QMS)
持続的成功を実現するための武器 ~品質管理の基礎を学ぶ~
第2回 品質に関する正義(1)
ISO 9001を活かしたサービス業のQMS
          -動向および業種別の適用例-
第2回 情報サービス業におけるISO 9001取得の適用例
■安全(OHSMS)
【新連載】ISO 45001規格の内容と運用のポイント
第1回 注意が必要な用語と箇条4のポイント
■内部監査
ISO 9001:2015対応 『差分』監査のポイント
第2回 組織の状況の理解とリスクベース思考
ISO 14001:2015対応 『差分』監査のポイント
第2回 内部監査の要求事項、何が変わった?
■海外動向
ネット情報を読み解く ISO 9001: 2015の海外動向
第37回 品質リーダーが直面する課題とその解決法
■名物講師
名物講師の 「肝心要はここでしょ!」 シリーズ
リレー連載 第14回 ISO 9001を易しく考えよう
■情報(ISMS)
認証機関が明かすシンプルで柔軟な
    ISMS(ISO/IEC 27001)実施のポイント
第2回 シンプルで柔軟なリスクアセスメントの手法
■セクター(自動車&食品安全)
IATF 16949要求事項の詳細解説
第2回 支援(箇条7)
日本のHACCPロードマップ 各界の専門家による過激な提案
第2回 飲食向け手引書を読み解く
20180416

| | コメント (0)

2018年3月27日 (火)

OKRで目標を達成しよう(No.4602)

「OKR(オーケーアール) シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法」
■KPIより断然やる気が出て、大胆な目標も実現する新しいフレームワーク
グーグルも全面採用!
シリコンバレーの社員わずか3人のスタートアップから大企業まで、
「OKR」の導入・運営を現場でトレーニングしている著者がわかりやすく解説します。
OKRを設定して金曜日に振り返れば、ひとりでもチームでも、
たった3カ月で生まれ変わります!
 
■OKRとは?
OKRは、Objectives and Key Resultsの略。
目標の「O」(Objectives)と主な結果の「KR」(Key Results)を
設定する最も注目されているフレームワーク。
大きな目標「O」と具体的な数値目標「KR」を組合せることで、
目先の数字に振り回されず、やる気が出て、生産性が断然上がります。
 
■前半は物語、後半はノウハウですんなりわかる!
本書の構成
<前半>シリコンバレーのスタートアップの物語
高級レストランなどに高品質の茶葉を販売するスタートアップ「ティービー」が舞台。
資金調達は成功したものの、売上が伸びず、創業者同士がぶつかり、社員の不満が募る。そのときにエンジェル投資家の勧めで、ティービーに導入されたのがOKRだ。
OKRの設定や運営でつまづきまくるが、やがて社内の全員が変わってくる――。
<後半>
OKRの設定から運営まですべてのノウハウを紹介。
成功の法則、よくあるOKRの失敗例も紹介。
■OKR「成功の法則」
・目標「O」はひとつ、主な結果「KR」は3つくらいにする
・KRは「難しいが不可能ではないもの」にする。
  簡単すぎると意味がない、不可能ではやる気がなくなる
・OKRはポジティブな表現にする。チームを脅してはダメ。
・3カ月単位で運用、でも毎週の振り返りは必ず!
・月曜日に進捗をチェックしてコミットしよう
・金曜日の「ウィン・セッション」で成果を見せ合えば、
  ほかの人の仕事も理解できるし、来週のやる気にもつながる!
「BOOK」データベースより20180327okr

| | コメント (0)

2018年3月16日 (金)

新国際規格、ISO 45001(労働安全衛生マネジメントシステム)が2018年3月12日に発行(No.4591)

労働安全衛生における世界初の国際規格、ISO 45001(労働安全衛生マネジメントシステム)が2018年3月12日に発行されました。
本規格は、従業員及びその他関係者のために安全で衛生的な職場の提供を行います。また、組織に対して労働安全衛生パフォーマンスの向上と同時に、死亡事故や職業上の怪我や疾病を防ぐ手助けとなります。201712181 組織の規模やセクター、地理的位置に関係なく設計されており、年間業務関連災害死亡者数278万人、非死亡労働災害者数3億7,400万人(国際労働機関(ILO)調べ)とされる事故件数の削減を目指すものです。

| | コメント (0)

2018年3月 9日 (金)

ISO9001:2015の審査(No.4584)

ISO9001:2015の審査の立ち合いでした。2018030998 2018030996

2018030903_2

2018030907

| | コメント (0)

2018年3月 8日 (木)

コルソン・ホワイトヘッド「地下鉄道」 (No.4583)

ISO9001:2015の審査の立ち合いでした。

■3月10日の武藤記念講座は「武藤山治とリンカーン」の演題です。
要旨:
リンカーンは、当時のアメリカにおいて全ての人があってはならないと思いながらも廃止を言い出せなかった奴隷制度を彼持前の博愛の精神と人間性により見事に廃止させた。しかしそのために起こった南北戦争は、アメリカに大きな爪痕を残し、彼自身も戦後命を落としたのであるが、武藤はその勇気と実行力に感激したのであった。彼は、ナポレオンの生き方を反面教師とし、リンカーンを尊敬してその生き方を理想としたのであった。

■「地下鉄道」 (早川書房)
コルソン ホワイトヘッド (著),‎ 谷崎 由依 (翻訳)

■内容紹介
アメリカ南部の農園で、苦しい生活を送る奴隷の少女コーラ。あるとき、仲間の少年に誘われて、意を決して逃亡を試みる。地下をひそかに走る鉄道に乗り、ひとに助けられ、また裏切られながら、自由が待つという北をめざす――。各賞を総なめにした世界的ベストセラー、ついに刊行!

■内容(「BOOK」データベースより)
コーラはランドル農園の奴隷だ。身よりはなく、仲間たちからは孤立し、主人は残虐きわまりない。ある日、新入りの奴隷に誘われ、彼女は逃亡しようと決意する。農園を抜け出し、暗い沼地を渡り、地下を疾走する列車に乗って、自由な北部へ…。しかし、そのあとを悪名高い奴隷狩り人リッジウェイが追っていた! 歴史的事実を類まれな想像力で再構成し織り上げられた長篇小説。世界を圧倒した奴隷少女の逃亡譚。
▼ピュリッツァー賞、全米図書賞、アーサー・C・クラーク賞、カーネギー・メダル・フォー・フィクション、シカゴ・トリビューン・ハートランド賞、レガシー・フィクション賞、インディーズ・チョイス・ブック・アワード受賞!ニューヨーク・タイムズ・ベストセラー
Amazon.comが選ぶ2016年のNo.1。

■コルソン・ホワイトヘッド『地下鉄道』(谷崎由依訳)、第一章「アジャリー」を無料公開! (2017/12/15)
近年一番の話題作、コルソン・ホワイトヘッドの長篇『地下鉄道』(谷崎由依訳、早川書房)。
このたび、第一章「アジャリー」を全文、無料公開いたします。(会員登録・ログイン等不要です)
19世紀のアメリカ南部の農園で働く奴隷の少女コーラ。彼女にある日、奴隷仲間のシーザーが声をかける。
一緒に逃げよう、と。コーラは断る。しかし――。
第一章はこちらから
https://note.mu/hayakawashobo01/n/n2ccee55c2b3720180309

2018030884_2

| | コメント (0)

2018年2月26日 (月)

次は情報セキュリティマネジメントシステムの整備を(No.4572)

2月23日(月)はさいたま市内の製造企業でのお手伝いでした。
品質・環境・労働安全衛生の次は情報セキュリティマネジメントシステムですね。2018022605

| | コメント (0)

2018年2月 2日 (金)

顧客を満足させながら、企業利益を得る(No.4548)

2月2日のISO9001の勉強会のテーマは、「顧客を満足させながら、企業利益を得る」には、どうしたらよいのか?
 
■魅力的な価値創造を行うには、顧客への「価値提案」とマネタイズ(収益化)の両方をそろえる必要がある。価値提案とマネタイズが結合して、ブレークスルーが生まれる
 
①マネタイズは価値提案に従う
尖った価値提案に、マネタイズの方法論を加える。そうすることで、その価値提案は大きく飛躍する可能性がある。
 
②価値提案はマネタイズに従う
マネタイズの変革から始め、他社とは異なる課金ポイントを持つ。すると、価値提案が突出したものになる。
 
■川上昌直著「マネタイズ戦略」の本と有名人を起用したTVCMで有名なトレーニングジムの「ライザップ」, "結果にコミットする"というあのキャッチフレーズとISOの関係をご紹介しました。20180201

| | コメント (0)

より以前の記事一覧