2019年4月24日 (水)

大国への歩み-中国共産党の30年

4/24(水) 京都大学春秋講義
(平成31年度 春季講義 第3回目)
【日時】4月24日(水)18時30分~20時00分
【会場】時計台記念館 百周年記念ホール
■春秋講義「平成を振り返って-日本を取り巻く世界の変化」第3回目
【演題】大国への歩み-中国共産党の30年 
【講師】石川禎浩 氏
    京都大学人文科学研究所教授
    (中国近現代史、中国共産党史)
■中国は世界に何をもたそうとしているのか?
▼チャイナ・スタンダードの現実性
 中国の経済・政治的地位上昇→「中国のやりり方の優秀性示す!」
▼普遍的価値の否定
 中国の大学で「普遍的価値」を語ることは事実上不可能
 オバマ・胡錦涛会談(2011.1)で胡が「人権には普遍性がある」と述べたことを新華社は報道せず→党内の亀裂を暗示?
▼単にこのまま経済だけが世界一に向かって成長していくというわけにはいかぬ状況
 大国としての責任
 何を世界にもたらすか
 魅力的な価値観やスタイル、ソフトパワー
▼非西洋型民主原理
 三権分立や直接選挙を要件とせず、指導政党を容認→
 →途上国に一定の共感→より巨視的見れば-----
 かつての米ソの対峙(東西冷戦)はイデオロギーの対決
▼今後に予想される米中の対峙構造は、東西文明の対決?
▼既存のルール(西洋列強が近代に中国に強いたもの)にしばられることへの反発だけでは不十分
▼日本の立ち位置---東洋文明(漢字文化圏)に属するがゆえの複雑さ
▼孫文が百年前に日本に発した問い(西洋覇道か、東洋王道か)を今度は中国自身が再考する時
20190424292019042452

| | コメント (0)

2019年4月21日 (日)

自動車産業にCASEの重圧

「自動車産業にCASEの重圧
直近ピーク比、時価総額57兆円減 」
▼自動運転など新しい技術の潮流「CASE(ケース)」が、世界の自動車産業を揺さぶっている。▼ソフトウエアなど不慣れな領域で投資・開発の負担が膨らみ、IT(情報技術)大手など異業種との競争も激化する。▼「100年に一度の大変革期」に突入した自動車産業。投資マネーは離散し、自動車株の時価総額は2018年1月の直近ピーク比で約57兆円(21%)減少した。日本経済審聞4月21日より
■社説「産業と社会を変える5Gの号砲が鳴った」
▼情報を伝える速度が今の100倍になる第5世代(5G)移動通信規格による商用サービスが来年春から日本でも始まる。総務省はNTTドコモなど大手3社に加え新規参入組の楽天モバイルの計4社に必要な電波を割り当てた。▼5Gは高速性のほか、低遅延や同時多数接続といった特長がある。応用領域は広く、デジタル社会を支える基礎インフラとして、日本の産業構造の高度化にも大きな役割を果たすと期待したい。▼5Gの主役はやはり通信会社だ。▼まず必要なのは設備投資を着実に進め、信頼性の高い通信網を低コストでつくることだ。▼これまで携帯各社は自社専用の鉄塔や基地局を津々浦々に展開してきたが、これでは費用も時間もかかる。▼米欧中で一般的な、複数の企業が手を組んで鉄塔などを共用するインフラシェアリングを日本も検討するときではないか。▼5Gは電波の特性から従来以上に多数の基地局を設置する必要があり、サービスエリアの迅速な拡大のためにも競合同士の協力が有効だろう。▼その上で各社は5Gの用途の拡大を競ってほしい。日本経済審聞4月21日より
■久しぶりに心斎橋の清水湯へ行ったが、日曜日が定休日だった。次に、谷町六丁目のいろは湯で疲れを癒しました。本日の歩数は18347歩でした。 2019042118

|

2019年4月15日 (月)

労働安全衛生マネジメントシステムを活用した企業の体制づくりと安全文化の構築

インターテック・サーフィケーション株式会社
『第41回 ISO情報交換会』に参加しました。
日時:2019年4月15日(月)16:00~18:00
会場:新大阪丸ビル新館 会議室804号室(8階)
内容:労働安全衛生マネジメントシステムを活用した企業の体制づくりと安全文化の構築
講師:審査員:高橋 猛氏
■ポイント
ISO45001は、不安全行動や不安全状態のみにとらわれず、その背景にあるマネジメント、さらに大きな影響を及ぼす組織の「安全文化」にまで着目することが重要なテーマです。ISO45001とOHSAS18001の違いは,トップマネジメントのリーダーシップがさらに強化され、『文化を形成、主導、推進する』という要求事項が加わりました。
▼規格の”文化”の箇所は下記です
■条文(0.3成功のための要因)
b)OHSMSの意図した成果を支援する文化をトップマネジメントが組織内で形成し、主導し、推進すること。
■5.1リーダーシップ及びコミットメント
「OHSMSの意図した成果を支援する文化を組織内で形成し、主導し、かつ推進する」
■危険源の特定(6.1.2.1)
b)産業の編成の仕方、社会的要因(これには作業負荷、作業時間、虐待、ハラスメント及びいじめを含む)、リーダーシップ及び組織の文化
■継続的改善(10.3)
OHSMSを支援する文化を推進する

 

|

2019年4月14日 (日)

日経ビジネスとアイソスの各号の特集テーマ

日経ビジネスとアイソスの各号の特集テーマです。
■2019.04.15号「全てが変わる5Gインパクト」
■2019.04.08号「起業、失敗の後、『破滅』と『再起』を分けるのは」
■2019.04.01号「日産の正体」
■2019.03.25号「凄い人材確保、人手不足知らず企業7つの秘策」
■2019.03.18号「ダイナミック、プライシング、買わせる時価、買いたい時価」
■2019.03.11号「韓国、何が起きているのか」
■2019.03.04号「日本を超える革新力、逆説のアフリカ」
■2019.02.25号「実録、不正会計、気づけばあなたも当事者に」
--------------------------------------------------------------
■アイソス5月号「プロジェクトマネジメントにおけるAI活用」
■アイソス4月号「3つのステップで自社のマネジメントシステムを再構築する」
■アイソス3月号「ISOマネジメントシステムをサービス業にいかす」
■アイソス2月号「国際標準化人材の育成、桜美林大学の取組み」」
■アイソス1月号「これからが本番、2015年版QMS監査」

|

2019年4月12日 (金)

英離脱騒動、世界を翻弄

日本経済新聞4月12日によると、欧州連合(EU)は10日に開いた臨時首脳会議で、英国のEU離脱期限を10月31日まで再延期することを決めた。「合意なき離脱」の回避を最優先したEUが譲歩し、英国にさらに6カ月間の猶予を与えた。だが英議会が離脱案でまとまる兆しはない。5月下旬の欧州議会選の英国の参加を巡り、離脱問題が再燃する恐れがある。成算なき仕切り直しは、英国がめざす「穏健な離脱」に向けた最後の時間との戦いとなる。
■合意文書のポイント
・英国の欧州連合(EU)離脱を10月末まで再延期。6月に進展を点検
・英国が5月の欧州議会選に不参加なら6月1日に離脱
・延期期間中、英国はEUの重要な意思決定の参加を控える
・離脱協定案は再交渉できない
・英国は離脱撤回の権利を持つ

 

|

2019年4月10日 (水)

アメリカ政治-その展開と日本への影響

京都大学春秋講義(平成31年度 春季講義)

テーマ:平成を振り返って-日本を取り巻く世界の変化
日 時:4月10日(水)18.30~20時00分
演 題:「平成」のアメリカ政治-その展開と日本への影響
講 師:待鳥聡史氏  京都大学法学研究科教授
▼日本でいえば平成の時代に当たる1989年から今日までの間に、アメリカの政治は大きな変化を経験してきました。外交は安定するが、内政は「決まらない政治」になりやすい。何故か?▼「決まらない政治」の背景には、社会経済的要因・文化的要因・制度的要因などが存在します。
●社会経済的要因は、マクロ経済から見れば、過去30年間のアメリカは明らかに”勝者”。その一方で非常に大きな格差が出現、ジニ係数の大きさとその増加傾向。重厚長大型産業や農業地域の停滞感が有権者の不満になっている。
●文化的要因では、1960年代以降のリベラル化=個々人の自己決定権と社会の多様性の重視。アメリカの伝統性価値感が脅かされているという懸念の強まりと、それを保守する動き。かつては経済政策をめぐる相違だった保守とリベラルが、生活様式や価値観をめぐって対立するように。
●制度的要因では、アメリカの政治は、もともと1つの考え方だけで動かしにくい仕組みになっている。権力分立と連邦制。異なった考え方を持つ勢力が、異なった部門で優位に立ち、政治権力を分け持つ。有権者は極端に走らないよう、この仕組みを活用している面がある。
▼この講義では、それらについて改めて検討するとともに、結果として生じたアメリカ政治の変化が、日本にとってどのような意味を持つのかについても考えます。●権力分立や多様性がもたらすアメリカの政治的復元力は大きい。

■WAKASA OBAMA すべてはここから始まった。
若狭彦・姫神社から伸びる線上には都へ通じる道があり
近畿五芒星の指し示すところの繁栄の歴史が刻まれている。
唐船渡来の玄関口、始まりの国若狭おばま。そこには古代から連綿として続く神々と大地のパワーが息づいている。案内所でいただいたパンフレットです。あらためて、来たいところです。2019041029201904103120190410-_2019041028

|

2019年4月 9日 (火)

世界とシエアする日本の未来

4月9日、PREXシンポジウムに参加しました。
■日 時:4月9日(火)14:00~17:20 
■場 所:大阪国際交流センター2階 大会議室さくら
■主 催:公益財団法人 太平洋人材交流センター(PREX)
1)基調講演には、日本初の、アフリカ出身の京都精華大学 学長、ウスビ・サコ様でした。
 「グローバル化された世界の未来で、人間らしく生きること」
2)パネルディスカッション「世界とシエアする日本の未来」
コーディネータ―、高橋 基樹 氏 
 (京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究 研究科教授
  ・神戸大学名誉教授)
パネリスト    高津 玉枝 氏(株式会社福市 代表取締)
パネリスト    西堀 耕太郎 氏
             (株式会社日吉屋 代表取締役)
パネリスト    フェルダ ゲレゲン 氏
        (国連工業開発機関UNIDO東京投資
              ・技術移転促進事務所 次長)
■異人と付き合わないと生き残れない。勇気、忍耐、信頼関係、世界を知る、世界から学ぶ、世界の人たちと共感することが大切です。

|

2019年4月 6日 (土)

第33期奈良商工高等学校機械科卒業生同窓会

第33期奈良商工高等学校機械科卒業生同窓会

4月6日(土)13時から、奈良・春日ホテルでの「第33期奈良商工高等学校機械科卒業生」同窓会に出席しました。■機械科卒業生40人。■今年は卒業して62年。■本日の参加者、15人。■全員でビンゴゲームで楽しみました。景品は近畿宝くじ抽選券。全員が80代になり、今日だけは62年前の青春時代に戻り、懐かしい話題で時間のたつのを忘れ、奈良での楽しいひとときを過しました。                                                    ■関連WEB:「やれば、できる」(No.4613)2018.04.07
■関連WEB:高校の同窓会(NO.4245)2017.04.01 ■関連WEB:第33期奈良商工高等学校機械科卒業生同窓会2008.12.07

20190406672019040668201904067020190406532019040654

|

2019年4月 2日 (火)

笑いヨガ(№4972)

西成区民センター笑いヨガ(2F・多目的室)

開催日:3月31日・4月14日
時間 :10:30~11:45
参加費:500円
持ち物:水分     予約不要です。

☆あべのハルカス笑いヨガ(10F・空の広場)

開催日:3月14日・3月28日・4月11日・4月25日
時間 :10:30~11:30
参加費:500円
持ち物:水分     予約不要です

中之島芝生広場・朝笑いヨガ(中之島公園・芝生広場)

開催日:毎週月曜日(祝日は翌日です)
時間 :6:30~7:00
参加費:無料
持ち物:水分     予約不要です。

☆お寺で笑いヨガ

開催日:毎月第3木曜日 3月21日・4月18日
時間:10:30~11:30
参加費:無料
持ち物:水分     予約不要です

|

2019年4月 1日 (月)

逆転人生「最強アップルVS.貧乏発明家」(№4971)

  政府は1日午前、平成に代わる新元号を「令和」と決定した。「れいわ」と読む。出典は「万葉集」で元号の漢字を日本の古典から採用したのは確認できる限り初めて。官房長官は万葉集巻五、梅花の歌三十二首の序文「初春の令月にして気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭(らん)は珮(はい)後の香を薫す」から引用したと説明した。
■NHK総合で4月1日(月)夜22時から、新番組逆転人生「最強アップルVS.貧乏発明家」」がスタートしました。
特許裁判でアップルに勝ち、賠償金を手にした日本唯一の男、個人発明家の齋藤憲彦さん。発明したあるアイデアが、世界中で大ヒットした音楽プレーヤーiPodに、知らぬ間に使われていたのだ。特許訴訟の被告が特許無効を主張、原告が訂正審判(または訂正請求)で対抗。
▼最初の特許出願時点での審査請求20万円をケチらない。特許庁に審査請求しないと、他に使われても文句言えない。外部発表前に必ず出願&審査請求する。▼請求項の書き方が重要。請求項といって特許出願の書類の独特の論理的な書き方がまずいと特許が取れない。▼特許出願は7割ぐらい拒絶されるから。補正は必ず行う。▼特許請求範囲は長い長い一文で書く慣例がある。拒絶理由が来たら、反論書いたり請求範囲変えたりして再審査を請求する。
▼齋藤さんは裁判所を舞台にアップルと争うが、形勢は不利、訴訟費用もかさみ、食うにも困る極貧状態に陥った。それでも8年に及ぶ裁判を戦いぬき、最後に逆転勝利を手にする。貧乏発明家が巨大企業を打ち負かしたドラマチックな逆転裁判。
■『iPod特許侵害訴訟 アップルから3.3億円を勝ち取った個人発明家』(新井信昭 著)

 

始まる!働き方改革法20190401_

 

|

より以前の記事一覧