2019年5月16日 (木)

オフィスの5Sと安全

桑蓬会 第392回 研究会に参加しました。

日 時:5月16日(木)18.30~20.30
会 場:エルおおさか 608号室
発表者:小泉 國茂氏
テーマ:「オフィスの5Sと安全」 ~働き方改革の基本~(指導例)
201905164720190516502019051651

| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

内部監査とマネジメントレビューでスパイラルアップ

11.40--13.45ユアサ炭寿会総会・懇親会に参加しました。
会員の皆様との会話の話題は健康のことですね。
会場は阪急インターナショナルホテル。

2019050955

 

2019050956


18.30~20.30中小企業診断士ISO研究会。
テーマ
1)「内部監査の手順」
2)「内部監査の結果とマネジメントレビューでスパイラルアップ」について弁護士、会計士、審査員の方も見学で参加され、活発な情報交換をしました。
20190509582019050960

|

2019年4月18日 (木)

コメを取り巻く環境(過去と未来)

桑蓬会第391回研究会
日 時:4月18日(木)18.30--20.30
会 場:エルおおさか 608号室
発表者:衣笠 年季氏
テーマ:「コメを取り巻く環境(過去と未来)」

■話の内容
1)コメの分類「長さ・デンプン・用途」
2)コメの生産量「世界・日本」
3)コメの加工品
4)コメの名称
5)コメの流通生産地→消費者」
6)コメの輸出
7)コメの輸入
8)コメの消費量
9)コメの価格
10)コメにかかわる問題
  ▼供給過剰(消費量減少・輸入増加)
   →対応策:輸出拡大(白米・米飯、米菓子、日本酒)、飼料用米
  ▼生産減(農業者高齢化・平均年齢67歳→離農)
   →対応策:農地バンク、新規就農者支援
■関連WEB:「米」、出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ■関連WEB:コトバンク「米」

Img_0215201904184520190418492019041848

 

|

2019年4月 8日 (月)

大組織で不祥事が相次ぐ理由

2019040895 2019040894 関西大学大学社会安全学部 X産経新聞
連続セミナー「危機の時代」
■日時 2019年4月8日(月)18時00分~19時30分
■場所 関西大学梅田キャンパス 8階ホール
■演題 「JR、日産、厚労省---。大組織で不祥事が相次ぐ理由」
■講師 関西大学大学社会安全学部教授・安部誠治氏
1)企業や組織の不祥事やデータ改ざんなどは世界から相手にされなくなる日本ブランドの危機である。
2)法律だけでは社会はよくならない。人はどうなのかが大事だ。
3)人も組織も不完全、一人一人の構成員が大きな理想に向かって努力していく自浄作用で可能である。

|

2019年1月23日 (水)

クライアントの営業面でのお悩みと診断士の支援のあり方(№4903)

平成31年1月スキルアップ研修        
   
テーマ:「クライアントの営業面でのお悩みと診断士の支援のあり方」
日 時: 平成31年1月23日(水) 18.30~20.30
会 場: マイドームおおさか8階  第6会議室
講 師: 林 正人(大阪府協会会員)
内 容:
働き方改革の時代となり、営業にも生産性の向上が求められています。営業の仕事といえば、営業マンが顧客のキーマンたちの間を昼も夜も分かたず駆け回り、案件情報やニーズを懸命に探り、顧客要求と社内資源との調整に明け暮れるというイメージが思い浮かびます。その能力と言えば、交渉力や嗅覚、センスという属人的な要素があること、そしてところ変わればやり方も変わる部分が強く、単純な標準化がむつかしい業務です。
その一方で経営者の多くは、営業マンの頭数不足や若年層の定着率低下、メンタル対策、労働時間管理等の課題を抱えています。しかしそれらを理由として収益目標は落とせません。このように営業はそれ自体が複雑系のシステムと言えるでしょう。そのような営業業務を、診断士としていかなる軸で支援をしていくのか、事例を紹介しながら、皆さんと共に考えていく時間にしたいと思います(案内文より)。

| | コメント (0)

2019年1月22日 (火)

「未来を変える目標・SDGs」の演習(№4902)

2月の桑蓬会 定例会のご案内です。
■【桑蓬会 例会 第390回 】
 
  ○開催日時
   平成31年2月21日(木)、18時30分~20時30分
 
 ○会場
   エル・おおさか  608号室
   大阪市中央区北浜東3-14
   (京阪・地下鉄天満橋駅から西へ300m)エル・おおさか
   
 ○発表者 :浅野 宗克 氏
 ○テーマ :未来を変える目標・SDGsの実践 
             ~「未来を変える目標・SDGs」の演習 ~
 〇概要
  企業は、単にSDGsを自社事業に紐づけるだけでなく、
  SDGsを通じて見えてくる社会課題や経営リスクをビジ
  ネスの芽として捉え、既存事業の強化・拡大、さらに
  は新しい事業への展開を目指すことです。
  ▼参考資料
  環境省の「持続可能な開発目標(SDGs)活用ガイド
   
 〇出欠のご回答期限 2月14日(木)まで

| | コメント (0)

2018年12月15日 (土)

桑蓬会12月研究会第388回「 30年間の銀行員生活を振り返って」(№4864)

桑蓬会 12月研究会第388回、望年会
○日 時:平成30年12月15日(土)15.00~17.00
○会 場:大阪キャッスルホテル3F:錦城閣
〇発表者:北村 孝嗣氏
〇テーマ:『 30年間の銀行員生活を振り返って
        ・・・今後の金融界を考える 』
■研究会だけでお聴きする話ではもったいない。
すばらしいご発表でした。丁度60分間のご発表、とても上手なお話しぶりでした。
今後の金融界のありかたについて活発な質疑応答がありました。
■研究会の後、17.00~19.00の望年会では出席者が近況報告、来年の抱負などを発表した。 2018121571201812156820181215692018121572201812157720181215842018121587

| | コメント (0)

2018年12月 2日 (日)

小集団の研究会(№4851)

12月2日(日)は日本小集団協会の研究会でした。
皆さんからいただいた資料は下記です。
改ざん示す「検査記録表」
ブロック塀倒壊は「施工不良」
労働安全衛生の規格がなぜ必要か
微小プラスチック、
海の生分解プラ、国際規格を発行
社員の健康が企業を活性化
健康経営関連の助成金
健康経営の進め方
地域おこしのためのビジネスモデルイノベーション
変化するオッサン社会の処方箋
世界でいちばん働きがいのある会社
長く活躍するための健康術
第2回「大正・港オープンファクトリー」
「江商」を創業した5人の近江商人
AIを正しく理解するセミナー
万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」とSDGs
経産省の推進する「デジタル・トランスフォーメーション」と課題
人生100年時代のアンチエイジング2018120265201812026420181202692018120279

| | コメント (0)

2018年10月18日 (木)

ビールメーカー4社のビジネスモデル(№4809)

【桑蓬会 例会 第386回 】
 ○日時:2018年10月18日(木)
 ○発表者:田中 聡氏       
 〇テーマ :大手ビールメーカー4社のビジネスモデル
今回は大手ビールメーカー4社のビジネスモデルを題材に、ビジネスモデルキャンバスを使ってワークショップを行いました。現状分析・課題抽出から解決策を検討し、事業の再構築までを『 守・破・離 』の流れで参加者に体験して頂きました。解決策を組み込んだ新たなビジネスモデルキャンバスをグループごとに発表して頂きましたが、他グループからも闊達な意見が飛び出し、熱く議論が繰り広げられました。2018101820_n

 

201810181820181018192018101825

2018101822

20181018_o_2

| | コメント (0)

2018年9月20日 (木)

「ビジネスモデルキャンバス」ワークショップ(№4781).

20日午前、雨の中を奈良県明日香村の稲淵の彼岸花を見に出かける。

午後は西ノ京駅下車、墓参り。夜は桑蓬会 例会へ。
■【桑蓬会 例会 第385回 】
 ○日    時:9月20日(木)18.30~20.30
 ○会  場:エル・おおさか  608号室   
 ○発表者 :井上 朋宏 氏
 〇テーマ :『ビジネスモデルキャンバスについて(ワークショップ)』
 〇内    容:60分で「ビジネスモデルキャンバス」の事例解説とワークショップと、びっくりの中身の濃い勉強会でした。201809203120180920352018092037201809206220180920612018092091

| | コメント (0)

より以前の記事一覧