2019年6月27日 (木)

政府統計ポータルサイトe-Stat(№5058)

◆第182回技術向上研究会◆
 
日時:6月27日(木)18.30~20.30
場所:大阪府中小企業診断協会 第2会議室
発表:テーマ「『統計で見る日本』の活用策」二階堂会員
■e-Stat、jSTAT MAP、賢早(けんさ)くんの体験をしながら、解説していただきました。   
統計で見る日本
e-Statは、日本の統計が閲覧できる政府統計ポータルサイトです地図で見る統計(統計GIS) 各種統計データを地図上に表示し、視覚的に統計を把握できる地理情報システム(GIS)を提供しています。
地図で見る統計(jSTAT MAP)
地図で見る統計(jSTAT MAP)は、誰でも使える地理情報システムです。統計地図を作成する他に、利用者のニーズに沿った地域分析が可能となるようなさまざまな機能を提供しています。防災、施設整備、市場分析等、各種の詳細な計画立案に資する基本的な分析が簡単にできます。
賢早(けんさ)くん サポートページ Excel だけでインターネットタウンページの情報を簡単に一括収集することができます。 また、住所から郵便番号の一括検索機能も搭載しています。 DM(ダイレクトメール)の住所検索などにも利用できます。

 

| | コメント (0)

2019年6月23日 (日)

日本小集団協会例会での情報交換(№5054)

6月23日の日本小集団協会例会で、ご用意してしていただいた貴重な情報は下記です。
 
「米中貿易戦争」
「平成29年度(2017年度)エネルギー需給実績」

「活用期に入ったインダストリー4.0」
「危ないIoT」
「モバイル通信、進化論」
「イノベーションにはスピードと緊迫感、そしてプロセスが必要だ」
「3dプリンティングの進化がものづくりの常識を覆す」

「SCENARIO PLANNING  未来を描き、創造する」
「なぜ倒産? 23社の破綻に学ぶ失敗の法則」

「来春、米寿をむかえる者の日常」
「仮想通貨、規制強化」
「銀行の経営、本業先細りをどう克服するか」
「パーソナルブレーン社のトップポイント」
 
「G20サミットでの注目点
「50年後の高齢者に恥じぬ議論」
「データ・ドリブン・エコノミー、デジタルがすべての企業・産業・社会を変革する」
「データ・ドリブン経営」
「G20デジタル課税論議、各国独自より国際協調有効」
「馬場渉氏に聴く、大企業イノベーションの起こし方」
「パナソニック27万人の命運を握る「40歳の副社長」いったい何者か」
「シリコンバレー流仕事術」
「キーエンス、高収益の秘密、『データ営業、顧客をつかむ』」                                           
「多様な専門性を束ねる専門家、白坂成功さん」
「宇宙ビジネスの衝撃」
「宇宙ビジネス、今後の展望は?高まる月、課題は所有権」
「世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論」

「折々のことば 鈴木 健」
「労働生産性の國際比較」
「スマートニュース鈴木会長 ロングインタビュー」
「鈴木健の『なめらかな社会とその敵』を読む(内田樹の研究室)」
「夕学五十講ビズリーチから始まる生産性革命、㈱ビズリーチ代表取締役社長南壮一郎」
「リラクゼーション 斬新的筋弛緩法」
●次回は9月8日(日)9時~ 608号室を予定しております。
次回お目にかかれるのを楽しみにしています。
●次々回は12月1日(日)9時~608号室です。

 

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

「経営デザインシート」 ― 経営をデザインする(№5046)

6月15日(土)
■武藤記念講座
時間:13.30~15.30
演題:「どうなる? 朝鮮半島、日本は北朝鮮・韓国とどうつきあえばべきか」

講師:龍谷大学社会学部教授 李 相哲氏

▼14.05で失礼して桑蓬会へ移動しました。  

■桑蓬会 第393回研究会・総会・懇親会
会場:錦城閣
時間:14.30~16.30
演題:「SDGsとコーチングゲームを活用した
       新たな地域ビジネスの活用 」
   15.30~16.30質疑応答
講師: 井上朋宏氏
◆16.30~新役員 体制発表 400回例会について
◆17.00~19.00懇親会(18.00から各自近況報告)
■平成30年度産業財産権制度問題調査研究 (企業規模や産業分野ごとの知財活用を記載した経営デザインシートの在り方とその活用の促進に関する調査研究
経営デザインシート 作成テキスト 入門編経営デザインシート作成テキスト 応用編「経営デザインシート」 ― 経営をデザインする ― 内閣府 知的財産戦略推進事務局
内閣府が推奨する「経営デザインシート」の作成ポイントと方法経営をデザインする
(知財のビジネス価値評価)政策会議より
Points of You

201906152020190615032019061502201906152_n

| | コメント (0)

2019年5月26日 (日)

SDGsとコーチングゲームを活用した新たな地域ビジネスの活用(№5026) )

6月15日(土)は武藤記念講座と桑蓬会第393回研究会です。
■武藤記念講座
時間:13.30~15.30
演題:「どうなる? 朝鮮半島、
   日本は北朝鮮・韓国とどうつきあえばべきか」
講師:龍谷大学社会学部教授 李 相哲氏
 ▼14.10で失礼して桑蓬会へ移動したいと思います。   

 

■桑蓬会 第393回研究会・総会・懇親会
会場:錦城閣
時間:14.30~16.30
演題:「SDGsとコーチングゲームを活用した
       新たな地域ビジネスの活用 」
   15.30~16.30質疑応答
講師: 井上朋宏氏
◆16.30~新役員 体制発表 400回例会について
◆17.00~19.00懇親会

| | コメント (0)

2019年5月23日 (木)

ホワイトカラーの生産性向上の進め方(№5023)

技術向上研究会
日 時:5月23日(木)18:30~20:30
テーマ:「ホワイトカラーの生産性向上の進め方」 
講 師:山下会員
内 容:
(1)Visual Managementによる改革手順は、
   5S活動⇒書類整理⇒ファイリングシステムの確立⇒VMの実施⇒オフィスレイアウトの改革⇒業務改革の手順が良い。
(2)業務改革の手順は、経営機能の抽出(単位業務一覧表)⇒経営機能・業務分析(部・課別単位業務一覧表)⇒業務プロセス分析(フローチャート化)⇒業務量分析(工数・コスト分析表)⇒問題点の摘出と改善案策定⇒業務の標準化(業務プロセスチャート、業務マニュアル) である。
(3)参考図書は下記2冊です。
  1)「見える化で管理・間接部門まるごと大改革」五十嵐瞭、小坂信之、小林啓子著 日刊工業新聞社
  2)「戦略的営業利益向上マネジメント」坂本裕司著2019052300_2019052300__1 産能大出版部

 

| | コメント (0)

2019年5月22日 (水)

事業承継におけるスキル継承(№5022)

             
事業承継の実体験の発表をお聴きしました。                  
テーマ 診断士が行った創業100年続く会社の事業承継とスモールビジネスの実践
日 時 5月22日(水) 18:30~20:30
会 場 マイドームおおさか8階 第6会議室
講 師 渡邉 直規氏
内 容:
フリーランスのSEをしながら中小企業診断士を取得し、すぐに父の急逝により100年続く会社を急遽承継することとなった。それから8年繊維業界で卸売業という全く知識も経験もなく、診断士の知識、ネットワークを活かして課題や改善、業務改革を行った。身の丈にあったスモール経営、実体験をふまえて具体的なお話で、経営的スキルと技能の継承を考えるのに、とても参考になりました。
■関連WEB:経営者のための事業承継マニュアル ■関連WEB:診断士カレイドスコープ ■関連WEB:株式会社渡辺藤商店

 

|

2019年5月16日 (木)

オフィスの5Sと安全(№5016)

桑蓬会 第392回 研究会に参加しました。

 

日 時:5月16日(木)18.30~20.30
会 場:エルおおさか 608号室
発表者:小泉 國茂氏
テーマ:「オフィスの5Sと安全」 ~働き方改革の基本~(指導例)
201905164720190516502019051651

| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

内部監査とマネジメントレビューでスパイラルアップ(№5009)

11.40--13.45ユアサ炭寿会総会・懇親会に参加しました。
会員の皆様との会話の話題は健康のことですね。
会場は阪急インターナショナルホテル。

2019050955

 

2019050956


18.30~20.30中小企業診断士ISO研究会。
テーマ
1)「内部監査の手順」
2)「内部監査の結果とマネジメントレビューでスパイラルアップ」について弁護士、会計士、審査員の方も見学で参加され、活発な情報交換をしました。
20190509582019050960

|

2019年4月18日 (木)

コメを取り巻く環境(過去と未来)(№4988)

桑蓬会第391回研究会
日 時:4月18日(木)18.30--20.30
会 場:エルおおさか 608号室
発表者:衣笠 年季氏
テーマ:「コメを取り巻く環境(過去と未来)」

■話の内容
1)コメの分類「長さ・デンプン・用途」
2)コメの生産量「世界・日本」
3)コメの加工品
4)コメの名称
5)コメの流通生産地→消費者」
6)コメの輸出
7)コメの輸入
8)コメの消費量
9)コメの価格
10)コメにかかわる問題
  ▼供給過剰(消費量減少・輸入増加)
   →対応策:輸出拡大(白米・米飯、米菓子、日本酒)、飼料用米
  ▼生産減(農業者高齢化・平均年齢67歳→離農)
   →対応策:農地バンク、新規就農者支援
■関連WEB:「米」、出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ■関連WEB:コトバンク「米」

Img_0215201904184520190418492019041848

 

|

2019年4月 8日 (月)

大組織で不祥事が相次ぐ理由(№4978)

2019040895 2019040894 関西大学大学社会安全学部 X産経新聞
連続セミナー「危機の時代」
■日時 2019年4月8日(月)18時00分~19時30分
■場所 関西大学梅田キャンパス 8階ホール
■演題 「JR、日産、厚労省---。大組織で不祥事が相次ぐ理由」
■講師 関西大学大学社会安全学部教授・安部誠治氏
1)企業や組織の不祥事やデータ改ざんなどは世界から相手にされなくなる日本ブランドの危機である。
2)法律だけでは社会はよくならない。人はどうなのかが大事だ。
3)人も組織も不完全、一人一人の構成員が大きな理想に向かって努力していく自浄作用で可能である。

|

より以前の記事一覧