2018年5月17日 (木)

時間は企業、個人の生きざまを映す鏡

桑蓬会 第382回研究発表
 
○開催日時:2018年5月17日(木)18.30--20.30
○会    場:エルおおさか704号室
○発表者 :恩村 政雄 氏
○テーマ :『「時間は企業、個人の生きざまを映す鏡」
                       ―あなたは時間の価値を意識していますか―』
〇レジュメ
1.労働時間を取り巻く最近の動き
 1)日本の労働生産性の低迷
 2)ブラック企業の告発
 3)副業の容認--就業規則の見直し
 4)働き方改革の法案審議---H30年度通常国会で審議中
 
Ⅱ.企業、個人における時間生産性はいかにあるべきか
 1)三・六協定の位置づけ
 2)なぜ、残業時間が減らないのか
 3)どうすれば時間生産性を上げられるのか
 4)仕事に対する計画性
 5)業務効率
 6)業務改善
 
Ⅲ.時間を主要な経営資源と捉える
 1)評価基準の見直し
 2)個々人のライフスタイルの見直し
 3)個々人の自己目標と企業が期待」することとの方向性
---私たち、経営コンサルタントは、----
 決められた時間内に、どれだけの仕事を
 質・量とも効率よく処理できるか
 その実現に向かって「時間の価値」を高める支援を求められています。
 
◆ドイツ人の生き方から時間意識を学び、少し取り入れれば、生産性が高まり、快適な働き方に近づくでしょう。「労働を人生の中でどう位置づけているか」「自立・独立の意識」「優先順位をつける考え方」「コミュニケーションのとり方」」など、そもそも残業はしないと決めている。日本はITの利活用が遅れている。IoT対応でさらに差がつかないようにせねばならない。
 2018051736201805173320180517342018051735

| | コメント (0)

2018年4月14日 (土)

新歓フェスタ 2018(No.4620)

一般社団法人大阪府中小企業診断協会
  新歓フェスタ 2018
 
日時:4月14日(土)14.00--17.20
場所:マイドームおおさか1階 Aホール
<第一部>新歓フェスタ
・大阪府中小企業診断協会の活動・行事紹介
・実務従事事業・セミナー・研修・研究会紹介
<第二部>懇親会
 
■展示ブースで「ISO研究会及び技術向上研究会」の活動の紹介をお手伝いしました。
2018041475201804148120180414842018041401

| | コメント (0)

2018年4月12日 (木)

経営ツールとしてのISO活用Q&A(No.4618)

第158回ISO研究会は4月12日(木)18.30--20.30でした。
■議題は
1)4月14日(土)開催の新歓フェスタについて
2)出版本の普及、販売促進策
3)研究会取組み課題
 
■経営ツールとしてのISO活用Q&A
著者名:::一般社団法人大阪府中小企業診断協会
            ISO研究会 著
発売予定日:4月中旬
定   価:1,944円(本体1,800円+税)
■発売前の紹介文
品質マネジメントシステムに関する国際規格であるISO9001取得にそって、会社で日々直面しそうな諸問題の解決方法を提示する。また取得に伴う業務の『しくみ化』より、仕事の分担ができ、将来の予測が立てやすくなるなどのメリットがある。
 
■この本の目次
第1章 小さな会社の現状
第2章 Q&A
1.経営の視点
2.顧客の視点
3.業務プロセスの視点
4.人材の視点
第3章 ISOが経営に近づいた

| | コメント (0)

2018年4月 9日 (月)

有効で本質的なマネジメントシステムへの改善(No.4615)

桑蓬会 例会 第381回の研究会は仲谷さんの『ISOの状況について』です。
 ○開催日時:2018年4月19日(木)
 ○発表者 :仲谷 修次 氏
 〇テーマ :『ISOの状況について』
▼ISO9001 認証取得状況:3月20日現在:登録46250件
▼ISO14001認証取得状況:3月20日現在:登録26433件
■2015年版対応 ISO9001/14001内部監査のチェックポイント222
  -有効で本質的なマネジメントシステムへの改善
発行所:日本規格協会
発行日:– 2018/3/16
国府 保周 (著)
■内部監査における質問の意図や背景を示した好著
タイトルだけを読むと、要求事項を網羅した内部監査のチェックリストがたくさん掲載されているように思われるかもしれないが、本書ではマネジメントシステムで抜け落ちたり意識することが少なかったりする事項や、審査を意識しすぎて形式的になりやすい事項を中心に取り上げている。
また、チェックリストというのは、通常は作成した本人しかその意図がわからない。そこで本書では、何のためにそれを調べるのか、何を懸念しているのか、その意図や背景を「懸念事項と判断の要旨」として示すことで、そのチェックの真意がわかるようにしてある。ここが本書のエライところである。222個のチェックポイントが掲載されており、そのフォーマットは「規格要求事項」「懸念事項と判断の要旨」「質問の仕方」の3部構成になっているが、この中で最も重要なのは、「懸念事項と判断の要旨」である。ここをしっかり読んで、どのように自社向けに変換して質問をすればよいかを考えることが大事である。
引用先:「アイソス2018.5月号」107ページのBOOKS書評より

| | コメント (0)

2018年3月22日 (木)

IoTによる生産性向上(No.4597)

3月22日の技術向上研究会
テーマは「IoTによる生産性向上」
講 師は福田 稔氏
目的を持ってデータを収集し分析を行うことで、
結果をデータで検証しつつPDCAを回すことが
可能になるのではないかImg_5708

| | コメント (0)

2018年3月20日 (火)

経営戦略の新しい視点「健康経営」」(No.4595)

スキルアップ研修に参加しました。

日 時:2018年3月20日(火) 18.30--20.30
時 間:18:30〜 20:30
会 場:マイドームおおさか8階 第2会議室
テーマ:経営戦略の新しい視点「健康経営」
     の実践例とインセンティブについて
講 師:但馬 久美 氏(大阪府診断協会会員)

わかりやすい内容、話ぶりも説得力があった。中小企業の経営者や中小企業をクライアントに持つ 税理士を対象に、全国各地で健康経営セミナー講師として活動されている。

3月12日、労働安全衛生マネジメントシステム規格「ISO 45001:2018」が発行されました。組織の規模やセクター、地理的位置に関係なく設計されており、年間業務関連災害死亡者数278万人、非死亡労働災害者数3億7,400万人O)調べ)とされる事故件数の削減を目指すものです。これからは「健康経営」!

| | コメント (0)

2018年3月15日 (木)

イノベーションに取り組む企業(No.4590)

【桑蓬会 例会 第380回 】
 
○日時:平成30年3月15日(木)、18時30分~
 
○会場:エル・おおさか  608号室
 
○発表者 :米田 良夫 氏
 
○テーマ :、『奈良のイノベーションに取り組む企業
 ~奈良県中小企業診断士会 マーケティング研究会の調査~』
 
■【桑蓬会 例会 第381回 】
 
○日時:平成30年4月19日(木)、18時30分~
 
○会場:エル・おおさか  608号室
   
○発表者 :仲谷 修次 氏 氏
 
○テーマ :『ISOの状況について』
       
■次々回の研究会
 
○日時:2018年5月17日(木)
 
○発表者 :石倉 裕巳子 氏
 
○テーマ :『未定』201803152220180315252018031528

| | コメント (0)

2018年2月15日 (木)

健康経営の今(No.4561)

 2月15日(木)は「大塚商会 実践ソリューションフェア2018 in 大阪」と桑蓬会に参加しました。
 
【大塚商会 実践ソリューションフェア2018 in 大阪】
  〇日時:10:00 ~ 11:30
 〇演題:教える技術
     ~チームで成果を出す「行動科学マネジメント」~
【大塚商会 実践ソリューションフェア2018 in 大阪】
 〇日時:15:30 ~ 17:00
 〇演題:IoTとAIで実現するビジネスイノベーション
 
【桑蓬会 例会 第379回 】
 ○日時:2月15日(木)、18時30分~
 ○会場:エル・おおさか  608号室
   
 ○発表者 :衣笠 年季 氏
 ○テーマ :、『健康経営の今』2018021551yywpiy0tl201802152018021562201802157020180215722018021573
       

| | コメント (0)

2018年2月 8日 (木)

ISO書籍出版の打合せ(No.4554)

2月8日の第155回ISO研究会は4月出版の書籍の打合せでした。
■本日のカンブリア宮殿は
2月8日(木)夜10時00分~10時54分
爆速急拡大!ゴルフ&英語も㊙上達
「結果にコミット」の全貌
ライザップビジネスは本物か?
http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/20180208iso43

| | コメント (0)

2018年1月24日 (水)

生産性向上とは一体何か?(No.4539)

1月度スキルアップ研修に参加しました。
■テーマ:「生産性ってなに?某有名豚まん屋に見る生産性向上のヒント」

■日 時:平成30年1月24日(水曜日) 18時30分~20時30分
■会 場:マイドームおおさか8階 第2会議室
■講 師:米田 大作 氏(大阪府診断協会会員)

■内 容:
生産性向上とは一体何か? どのような状態になれば生産性が向
上したと言えるのか?数多の業種・業界を経験してきた講師が、そ
の経験の中から大阪土産で有名な某豚まん屋での経験・事例をも
とに解説されました。
店舗での製造・実演販売、大行列が続く中でのお客様との対面販
売、仕入発注~配送~在庫・商品管理、突発的なシフト対応…な
ど、小売サービス業ながら様々なエッセンスが凝縮された同社の
生産性に関するノウハウを、中小企業診断士の立場から、ほんの
少しだけご披露いただきました。2018012493

| | コメント (0)

より以前の記事一覧